タフネス風デザインに変身! 1600円のBluetoothスマホ子機

文●鈴鹿 廻

2020年01月09日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タフネス端末風のデザインを採用した、Bluetooth接続の通話用端末「Gモデル BTミニフォン」があきばお~零などあきばお~各店に入荷。トーシン産業のプライズ商品で、価格は1600円(税抜)だ。

ゴツめなタフネス端末に変身?通話用の「スマホ子機」に新デザインのモデルが登場

 Bluetoothでスマートフォンと接続し、通話に応答できる「スマートフォン子機」の新モデル。従来モデルからガラッと雰囲気を変えた“Gモデル”で、ラグド系のタフネス端末のようなデザインになっている。

 表から裏まで凝った意匠になっているが、タフネスに見えるのはデザインだけ。基本的にはフレーム形状が違うだけであり、耐衝撃や防水には非対応だ。

外装は“タフネス風”によく作り込んである。ただし基本的な機能は従来モデルと同等だ

 1.8型サイズのディスプレーとテンキーを搭載、背面にはカメラを備えている。スマートフォンの発信・着信応答のほか、アラームや動画・音楽再生、電卓、ライト、カレンダーなどの機能が利用できる。

【取材協力】

mobileASCII.jp TOPページへ