HISモバイル、ソフトバンク版SIMの料金を改定し、ドコモ版と同等に

文●ASCII

2020年02月25日 19時00分

 H.I.S.グループでドコモ/ソフトバンクのMVNOとして格安SIMを提供するHISモバイルは25日、ソフトバンク回線を用いるSIMの料金を改定。今回の値引きにより一部を除き、ドコモ版と同等の価格設定となっている。

 HISモバイルの現在主流の料金プラン「ビタッ!プラン」は、100MB/2GB/5GB/10GB/15GB/30GBと段階的に料金が上がっていく段階制を採用しながら、あらかじめリミッターの設定が可能で定額制プランのように使えるのが特長。また、このリミッターは月途中でも変更できるほか、各段階の料金自体も定額制プランを採用する他の格安SIMとほぼ同等となっている。

 従来はソフトバンク回線を用いるSIMは、ドコモ回線版と比べて、200~1000円程度高価な設定だったが、前者の価格を下げることで音声SIMの月100MBまでを除いて、統一された料金が採用されている。

 

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ