ソニー最上位スマホ「Xperia 1 II」にデュアルSIMの海外モデルが登場!

文●鈴鹿 廻 編集● ASCII

2020年06月26日 10時00分

 デジカメ級の高性能カメラを搭載した、ソニーのフラッグシップスマートフォン「Xperia 1 II」の海外モデル(XQ-AT52)が登場。取り扱っているのはイオシス アキバ中央通店などのイオシス各店で、店頭価格は12万9800円だ。

デジタル一眼αシリーズの技術を生かした高性能カメラを備える、ソニー最上位スマホの海外SIMフリー版が入荷した

 5Gに対応するソニーの最新フラッグシップスマートフォンで、今回入荷したのはSIMフリーかつデュアルSIM(DSDS対応)仕様の海外向けモデルだ。おサイフケータイのような国内向け機能には対応していないが、ストレージが2倍の256GBを内蔵している点もトピックだ。

 基本仕様は国内向けモデルと同様で、端末価格もほぼ同等。世界初のAF/AE追従最高20コマ/秒の高速連写が可能な3眼カメラを備え、デジカメ級の撮影能力が魅力だ。また、シネマワイド21:9比の4K HDR有機ELディスプレーが採用されている。

4K HDR対応の有機ELディスプレーを採用する、Snapdragon 865搭載の5Gスマートフォンだ

側面には電源ボタン一体型の指紋センサーを搭載。最近のフラッグシップ級端末では珍しく、イヤホンジャックも備えている

 主な仕様は、ディスプレーが6.5型の有機EL(3840×1644ドット)で、プロセッサーはSnapdragon 865、メモリー8GB、ストレージ256GBなど。ボディは防水・防塵仕様で4000mAhバッテリーを内蔵、OSはAndroid 10を搭載している。

 nanoSIM×2のデュアルSIM仕様で、ネットワークは5G バンドn1/3/28/77/78、LTE バンド1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/25/26/28/29/32/34/38/39/40/41/46/66などに対応する。

mobileASCII.jp TOPページへ