iPhoneのスゴワザ!

古いiPhoneでダークモードっぽくする方法

文●金子麟太郎 編集●ASCII

2020年06月30日 10時00分

 iPhoneではiOS 13から新機能として「ダークモード」が追加されました。画面の色が黒を基調とした配色に変更され、目への負担を軽減させることが可能です。

 ですが、iOS 11など古いバージョンでしか使えないiPhoneでは、当然ながらダークモードは使えません。そこで今回は、ダークモードを使えないiPhoneでダークモードっぽい効果が得られる機能を使う方法を紹介します。

 設定方法は簡単で、「設定」を起動後、「一般」→「アクセシビリティ」→「画面表示とテキストサイズ」(古いバージョンでは、「ディスプレイ調整」という項目)→「色を反転」をオンにします。

 ただし、新しいバージョンは「色を反転」の項目が、「スマート」「クラシック」という2種類に分かれており、クラシックをオンにすると、画面の色を反転させ、写真のネガのように表示します。スマートは画面の色が反転しますが、画像、メディア、暗い色のアプリなどは除外されます。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

mobileASCII.jp TOPページへ