iPhone 12、ASCII筆者はこう思った

「iPhone 12 Pro」のカメラ性能には驚かされるがノッチはそろそろどうかと【君国泰将】

文●君国泰将 編集● ASCII

2020年10月15日 12時00分

ソニー好きでも買いたくなる
iPhone 12

 日頃からソニー好きと言ってますし、ソニー系の連載も持っていますので「え? あなたXperiaしか買わないでしょ?」と言われることがめちゃくちゃ多いのですが、実は「初代iPhone 3Gから買ってますから!」と言いたい。重度のソニーオタクですが、同時に重度のガジェットオタクですから!

 昨年は「iPhone 11 Pro」がトリプルカメラになって、ボトムズだ! 鳥山 明氏のキャラ絵だ! とSNSが盛り上がっていたのが懐かしい、というかもう1年経っていました。

 iPhone 12シリーズは、mini、無印、Pro、Pro Maxとラインナップが増えて、全機種ともにA14 Bionicチップ搭載、5G対応にHDR対応の有機ELディスプレーです。定番デザインながらアルミフレームになって薄く軽く、見た目もスタイリッシュになっているあたりは好感が持てます。さらにiPhone 12 Proの2モデルのカメラの進化ぷりには驚きます。

 特にiPhone 12 Pro Maxのメインカメラはセンサーが1.7μmピクセルと大型化して暗所に強く、センサーごと動かすセンサーシフトによる手ブレ補正にも対応。オートフォーカスの精度に大きく貢献する「LiDARスキャナ」や、撮った後の写真を本格的にいじれる「Apple ProRAW」にも対応。ムービー撮影では、Dolby Vision 10 bit HDR録画もできるようになりました。最新のカメラ機能をいち早く使ってみたい衝動に駆られますね。

 ただ、Androidユーザーの立場からすると、LightningじゃなくてUSB Type-Cにして! とか、いい加減にデカいノッチはやめて! と思わなくもありません。今回こそは何かしら対策されてくると思っていたので、ちょっぴり残念です。

 一方で、個人的に惹かれるのが5.4型というコンパクトサイズに新機能が詰まった「iPhone 12 mini」。基本、Android(Xperia)をメインとして使っていることもあり、サブとして一緒に持ち歩くなら小さくて軽いことこそが最大の魅力です。

 たとえば、車載ディスプレーオーディオとつないで「CarPlay」を使いたい、「Apple Watch」を使いたい、はたまたソニーの「wena 3」の初期設定にも必須。iOSを必要としたとき、プライス的にもサイズ的にも購入しやすさを考えるとベストチョイスなのでは? と思います。

 こうして悩んでると、一番上のモデルと一番下のモデル、どっちも買い揃えそうで非常に危険です。

君国泰将氏

mobileASCII.jp TOPページへ