このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー

重戦車級の5Gラグドスマホ「OUKITEL WP10」がタフすぎる! (2/2)

文●山根康宏 編集●ASCII

2021年01月12日 12時00分

前へ 1 2 次へ

スペックはミドルハイなので
タフネス以外にも日常に、ゲームに活躍する

 サイズの大きいGalaxy Note20 Ultraとサイズを比較してみたが、WP10はさらに一回り大きい。Galaxy Note20 Ultraには「Rugged Protective Cover」も販売されているが、カバーをつければサイズは大きくなるし、それでもWP10ほどのタフな強度と巨大なバッテリーサイズは得られない。WP10は工事現場などでも使えるほどのタフな製品なのである。

WP10(左)とGalaxy Note20 Ultra(右)のサイズ比較

 WP10の価格は定価が699.99ドル(約7万2000円)。販売直後からキャンペーンを行っており、2021年1月時点では399.99ドル(約4万1000円で販売されていることもある。詳細はOUKITELのウェブページを参照してほしい(公式サイト)。

 OSはAndroid 10を搭載。プリインストールアプリはほぼAndorid標準のものになっている。クイック設定パネルからは5GのON/OFF、水中モード、画面キャプチャを行なう「S-Capture」を呼び出せる。

ホーム画面(左)とプリインストールアプリ(中)

クイック設定パネル(左)。S-Caputureを呼び出せる(中)。画面キャプチャや録画が可能だ(右)

 AnTuTuのスコアは294370。Dimensity 800搭載モデルとしては一般的だろう。5G NRのスピードテストではn78接続で410Mpbs。ほかのチップセットを搭載したスマートフォンもほぼ同じ速度を出しており、同一ネットワーク環境下では十分な速度を出していると言える。

AnTuTuスコア(左)。5G NRで410Mbpsを記録

 カメラは4眼を搭載。広角カメラは4800万画素だが、超広角カメラが800万画素ではなく1300万画素なのはがんばっていると思う。背面の左上に配置する最近主流のデザインだが、本体サイズが大きいだけにカメラ部分はもう少し目立つようなデザインにしてもよかったかもしれない。

4つのカメラを搭載する

 カメラのUIはモードの切り替えが「動画」-「写真」-「FaceCute(ステッカー)」-「ぼかし」-「Macro Lenz」-「夜景」の6つ。右上「田」アイコンをタップしてパノラマ、透かし(日付時刻)、GIFアニメ、タイプラプス、記録内容の美化、QRコードが選べる。最近の中国系スマートフォンによくある最大画質の切り替えは各種モードからは行えない。そして写真モード時は画面中央上部の「AI」アイコンをタップすると、15種類のシーンを自動判別して最適な写真を撮影してくれる。

カメラのモード切替(左)。パノラマなどは左上アイコンから(中)。AIのONとOFF(右)

 カメラの設定はやや特殊な構造となっている。画面表示上部の歯車アイコンをタップすると、クイック設定メニューが現れる。ここからは「タイマー」「画面タッチでシャッター」「写真サイズ(4:3、19:1、18:1)」「グリッド」「HDR」「スマイルシャッター」「設定」をON/OFFまたは開くことができる。そして「設定」の歯車アイコンをタップすると、カメラの解像度やロゴマークのON/OFFなどが設定できる。カメラの解像度は4800万画素、2400万画素、1200万画素で、それぞれに対して4:3、16:9、18:9を選ぶことができる。

クイック設定メニュー(左)。設定メニュー(中)。画質はここでしか変えられない(右)

 カメラを使っていてやや気になったのは、撮影モードによっては画質が固定されるということだ。AI撮影するときは1200万画素、ぼかし撮影も1200万画素、美肌撮影は800万画素、夜景撮影は4800万画素になる。1200/2400/4800万画素を自分で設定できるのは「写真」「動画」モードの時だけなのだ。またデフォルトの画質は4800万画素になるようになっている。ストレージ容量を気にして設定で1200万画素にしていても、AI撮影をONにしたのちOFFにすると、写真画質は4800万画素になってしまう。クイック設定メニューから画質も変更できるようにしてほしいと感じた。

 以下はWP10で撮影した作例だ。オリジナルのファイルサイズも記載しておく。

超広角。4610x3120ドット

広角(標準)。4000x3000ドット

光学2倍望遠。望遠は2倍まで対応。4000x3000ドット

デジタル10倍望遠。8000x6000ドット

広角(標準)。4000x3000ドット

同じアングルで4800万画素。広角(標準)。8000x6000ドット

街中を適当に撮影。広角(標準)。4000x3000ドット

ぼかしでF1.0撮影。3262x2448ドット

マクロ撮影。1600x1200ドット

【まとめ】唯一無二の存在感
スマホをよく壊す人は使ってほしい

 WP10は万人向けというよりも、アウトドアユースを意識したユーザーに適した製品だ。サイズが大きく重量も重いが、一般的なスマートフォンでは太刀打ちできないタフな仕様は唯一無二の存在だ。カメラ周りの設計も最高画質で撮影することを主としており、常にベストな撮影結果が得られるのは好感が持てる。

 約700ドルの定価は若干割高と感じてしまうが、キャンペーン時の400ドルならばスペックを考えると十分「アリ」な価格だろう。屋外仕事が多い人などがサブスマートフォンとして持つのも悪くない。WP10は「プロフェッショナル」向けのスマートフォンと言えるだろう。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ