KDDIは月2480円で20GBの「povo」 通話定額別&1回200円で1日だけ使い放題も!

文●ASCII

2021年01月13日 10時20分

 KDDIは13日、オンライン専業の新料金ブランド「povo」(読みはポヴォ)を2021年3月に開始することを発表した。ドコモ「ahamo」&ソフトバンク「SoftBank on LINE」に対抗するもので、月2480円(以下、すべて税抜)という料金で、月20GBのデータ通信が利用できる。

月20GBで月2480円で、通話定額は別
1回200円で1日だけ使い放題に! オプションは今後も追加

 povoは、シンガポール発のオンライン専業携帯電話会社として、台湾やオーストラリアにも事業を拡大しているCircles Asiaと強力。ネット時代ならではのユーザー体験やサービスの厳選、効率化を行ない、リーズナブルな料金を実現しているという。

 具体的な点としては、通話定額を別にしており、月500円の追加で1回5分まで(この追加でライバルと同額となる)、月1500円で通話かけ放題となる。また、月20GBを使い切った場合は、1Mbpsで利用可能、または1GBあたり500円でのチャージが可能。それ以外に1回200円でそこから24時間の使い放題が可能となり、オンライン授業/会議などで大量のデータ通信が必要なケースに対応できるようになっている。テザリングはオプション料金不要(前述の200円/24時間使い放題分も同様)。国際ローミングへの対応については検討中としている。

 また、今回のオプションについては、あくまで“第1弾”としている。ユーザーにとってほしいものをトッピングしてオンラインで申し込んで簡単に利用できるよう、“追加トッピング”を今後もパートナーとの協力により、順次拡充していくとしている。

 品質面ではauの5G/4Gネットワークを利用(5Gは今夏対応予定)。また、eSIMにも対応予定。キャリアメールは用意されていない。また、端末のセット販売も現時点では予定していないが、ユーザーの要望に応えながら対応していくとしている。

 

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ