ソフトバンク、LTE周波数帯を使った5Gサービスを開始

文●ASCII

2021年02月15日 15時00分

 ソフトバンクは2月15日、第5世代移動通信システム(5G)の3.7GHz帯および28GHz帯に加え、LTE周波数帯として有効利用中の700MHz帯、1.7GHz帯および3.4GHz帯を利用した5Gサービスの提供を開始した。千葉県、東京都および愛知県の一部エリアから順次開始。

 既存LTE周波数帯での5Gサービスは5G対応機種のソフトウェアをアップデートすることで利用可能となる。まず、ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia 5 II」を2月15日から開始し、シャープ製「AQUOS sense5G」のアップデートを2月18日から実施。その他の5G対応機種(「AQUOS R5G」「LG V60 ThinQ 5G」など)についても順次進めるとしている。

mobileASCII.jp TOPページへ