120Hz駆動の有機ELや4眼カメラ搭載! 5G対応の最新ミドル機「Galaxy A52 5G」

文●鈴鹿 廻 編集● ASCII

2021年04月03日 10時00分

 高速なディスプレーや4眼カメラを搭載した、サムスン電子の最新スマートフォン「Galaxy A52 5G」が店頭に登場。イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店にて、店頭価格6万2800円で販売されている。

昨年サムスン電子のスマホで最も売れたという「Galaxy A51」の後継モデル「Galaxy A52 5G」が入荷

 リフレッシュレート120Hzに対応する6.5型サイズのパンチホール型有機EL「Infinity-O」を備えた、ミドルレンジのスマートフォン。6400万画素メイン+1200万画素超広角+500万画素マクロ+500万画素深度構成の4眼カメラを搭載するなど、コストパフォーマンスに優れた端末だ。

 主な仕様は、ディスプレー解像度が2400×1080ドット、プロセッサーはSnapdragon 750、メモリー8GB、ストレージ256GB、バッテリー4500mAhなど。OSはAndroid 11が搭載されている。

120Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレー、4500mAhの大容量バッテリーを搭載

やや厚みのある筐体。カラバリは2色

 そのほか、画面内指紋認証やnanoSIM×2ののデュアルSIMスロットを採用。本体サイズは幅75.1×奥行き159.9×厚み8.4mm、重さ189g。nanoSIM×2のデュアルSIMスロットを備えている。

 

公開当初、一部スペックが間違っておりました。お詫びして修正いたします。(4/5 17:30)

 

【関連サイト】

mobileASCII.jp TOPページへ