USB PD給電のワット数が表示できるType-Cケーブルがアキバで発売

文●鈴鹿 廻 編集● ASCII

2021年11月20日 10時00分

 USBデバイスへの給電能力を測定できる、BaseusブランドのUSB Type-Cケーブル「ワット数表示付USBケーブル」がShigezoneに入荷。仕様や長さ違いで複数モデルをラインナップ、1650円~2400円の価格で販売されている。

USB PDの給電能力が把握できるType-Cケーブルのシリーズが入荷。中国深センのBaseusブランドの製品だ

 コネクター部分にワット数表示のチェッカーを搭載したUSB Type-Cケーブル。USBデバイスへの給電状況のチェックが可能で、USB PDの給電状況などを手軽に把握できるのがメリットだ。「いま自分のノートPCが何Wで充電されているのか?」「本当に100Wで充電できているのか?」といった疑問が一発で解決する。

 今回入荷したのは、最大100WのUSB PD給電に対応したType-C to Type-Cケーブル、最大66W対応のType-A to Type-Cケーブル、最大40W対応のType-A to Type-Cケーブル。チェッカーの計測機能は電力表示のみで、給電されている電力がワット数でリアルタイム表示される。

給電している電力をワット数でリアルタイムに表示してくれる。最大100W対応モデルをラインアップ。ケーブルも頑丈な構造になっている

ケーブル仕様や長さ、カラー違いで複数モデルが選べる。100W対応の2mが人気とのこと

 なお、ケーブルは充電とデータ通信に両対応。スズメッキ処理された銅線を束ねたケーブルをTPEシールドおよびナイロン素材でカバーする仕様で、断線に強い構造になっている。

 それぞれの価格は、最大100WのType-C to Type-Cケーブル1mが2200円で2mが2400円。最大66WのType-A to Type-Cケーブル1mが1800円で2mが1980円。カラーはそれぞれブラックとダークグリーンの2色だ。最大40WのType-A to Type-Cケーブルは、1mのレッドモデルのみが1650円で販売されている。

 

【取材協力】

mobileASCII.jp TOPページへ