サターンパッドをUSBゲームパッドに変身させる改造基板が登場

文●鈴鹿 廻 編集● ASCII

2022年07月30日 10時00分

 サターンパッドこと、セガサターンのコントローラーをPCなどで使用可能なUSBゲームパッドに改造することができる「サターンパッドUSB化基板」が家電のケンちゃんにて取り扱い開始。技術系サークルの「Geeky Fab.」が手がける同人ハードウェアで、価格は2680円。ただし人気により即完売、現在は入荷待ちになっている。

サターンパッドの“ガワ”をそのまま流用し、USBゲームパッドに改造できる工作キット。はんだ付け不要でハードルは低く、人気のため初回分はあっという間に完売した

 サターンパッド(別売り)のフレームを流用して“USBゲームパッド化”することができる、セガファン垂涎の改造キット。必要な工具は精密ドライバーのみとハードルが低く、はんだ付け作業が不要な点もうれしい。

 サターンパッドのボタン不足を補うため、B/X/Y/L/Rに2種類のボタンを割り当てる「ボタン二重割り当て機能」を搭載。十字キーをアナログジョイスティックモード/ハットスイッチモード/Z軸・Z回転モードに切り替えることができる「十字キーモード切替機能」も備えている。

基板には部品がすべて実装済みなため、サターンパッドを分解して入れ替え、再度ネジで締めれば完成する

 メインマイコンとして「PIC16F1459」が実装されており、オープンソースのファームウェアで運用。LRボタン部には純正サターンパッドの押し心地に近いというタクトスイッチが採用されている。なお、動作確認OSはWindows 11/10、Raspberry Pi OSなど。

 

【取材協力】

mobileASCII.jp TOPページへ