山根博士の海外モバイル通信

これはもうテンキー付きスマホ! ミニマリスト向けデザインの「F22 Pro」

文●山根康宏 編集●ASCII

2022年08月18日 12時00分

フィーチャーフォンに見えるけどスマホだ

 シャオミ系のDuoQin(多親)は中国で5型ディスプレー搭載の簡単スマートフォンを出していますが、4G対応のフィーチャーフォンなども展開しており、年配者や年少者向けに低価格な端末を投入しています。最新モデルの「F22 Pro」はテンキー付きのフィーチャーフォンに見えますが、ディスプレー部分はタッチパネルでOSはAndroidを搭載。見た目はケータイながらスマートフォンそのものという製品です。

Duoqin F22 Proのパッケージなど

 F22 Proの主なスペックは、チップセットがMediaTekのHelio G85、メモリー4GB、ストレージ64GBを搭載します。ディスプレーは3.54型(960×640ドット)、スマートフォン黎明期の製品と変わりません。カメラは800万画素でフロントに200万画素を搭載。このあたりはオマケ程度と考えればいいでしょうか。バッテリーは2150mAhです。中国向けの製品であり、LTEの対応バンドは1/3/5/7/8/38/39/40/41となっています。Wi-Fiのホットスポット機能も搭載するので普段はテザリング専用モデムとして使い、メインのスマートフォンの電源が切れそうなときにこちらを使う、なんてのもありかも。

カメラはオマケ程度か。テンキーはしっかり押しやすそう

 OSはAndroid 12。そのままAndroidアプリが入るようなのでスマートフォンとしても使えます。メーカー側もモバイルペイメントや動画視聴に利用できることをアピールしています。GMSは乗っていませんが、うまいことGoogle Playが入ったら面白い使い方ができるかもしれません。

Androidスマートフォンとして使えるようだ

 本体サイズは約58×147×9mm、重さは約116g。シンプルなデザインなのでミニマリスト向けの端末としてグローバル展開しても良さそうです。本体カラーはダークグレーとホワイトの2色。なお価格は999元、日本円で約2万円です。さすがにスマートフォンとしても使えそうなスペックなので、価格は格安とはいかないようです。

ミニマリスト向けの端末としても悪くない

 子供・学生向けのスマートフォンとしても設計されているため、アプリの使用時間を制限する機能も搭載。また、シャオミの音声AI「小愛」も内蔵されています。個人的には一般的なフィーチャーフォンより大きいディスプレーを搭載しているので、カメラ画質を高めた「Pro+」なんてモデルも欲しいところ。大人向けのサブ端末としても悪くないデザインなので、むしろメインで使えちゃうくらいの高性能モデルの需要もあるかもしれません。

ダークグレーモデルも上品な仕上げだ

 Duoqinの新製品投入ペースは1年に1機種程度。他のスマートフォンメーカーと異なり1機種をじっくりと売る、そしてマイナーチェンジモデルも出していく、という戦略で製品展開を行なっています。フィーチャーフォンはまだまだ需要はあるものの、時代と共にユーザーニーズも少しずつ変わっていきますから、Duoqinはこれからも面白い製品を出し続けていくでしょう。そして日本のどこかの企業がF22 Proを日本向けにローカライズして出す、なんてことをやってほしいですね。

コストも安いし日本でも発売してほしい

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

mobileASCII.jp TOPページへ