スマホは1年以上にわたり、出荷台数が前年同期比減 2023年の世界市場はどうなるか (2/2)

文●末岡洋子 編集● ASCII

2023年01月21日 12時00分

前へ 1 2 次へ

スマートフォンの出荷台数は5四半期連続で前年比マイナス

 スマートフォン市場全体も振るわない。2022年第3四半期、スマートフォンの出荷台数は前年同期比9.7%マイナスの3億1900万台。出荷台数が前年比マイナスとなるのは5四半期連続、さらには9.7%という数字は四半期ベースで3番目に大きいのだそうだ。

 IDCのアナリストは、需要減、コストの増加、消費者を襲うインフレなどを主な要因に挙げている。最も影響を受けているのは中国ベンダーだが、サムスンやアップルも無縁ではないとしている。

 ベンダー別のシェアでは、トップはサムスン(21.2%)、続いてアップル(17.2%)、シャオミ(13.4%)、vivo(8.6%)、OPPO(8.6%)と続く。上位5ブランドで前年同期から出荷台数を増やしたのはアップルのみだ。サムスンはマイナス7.8%、シャオミはマイナス8.6%、vivoとOPPOに至ってはともにマイナスは22%となっている。

 同期の傾向として、プレミアムスマートフォンが売れる先進国市場が好調だという。背景には、キャリアやベンダーが提供する下取り/買い替えなどのプランがあると分析している。

 スマートフォン市場にとって、冴えない2023年の幕開けと言えそうだ。

 

筆者紹介──末岡洋子

フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている

前へ 1 2 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ