3日間の速度制限が撤廃! 楽天モバイルの2999円で買えるスマホセットに加入してみた

文●ASCII.jp編集部

2017年03月16日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BLADE E01を箱から出して早速使用開始
セット購入した「BLADE E01」を箱から出して早速使用開始

 リアル店舗でのサポートや楽天のポイントでの支払いなど、楽天利用者にはまさにドンピシャで、現在の格安SIMの定額通話性の先駆けとなった「楽天モバイル」。

 常用するには大きな障害となっていた、3日間の通信速度制限がこの3月からなくなった。過去にも加入しているが、この機会にあらたて加入してみた。

加入料は高いと思っていたら、安くする技がありあり

楽天モバイルの公式サイト、ここにお得な情報が表示され、安く購入できることもある
楽天モバイルの公式サイト、ここにお得な情報が表示され、安く購入できることもある

 格安SIMの事務手数料として約3000円の加入料がかかるが、楽天モバイルはいつの間にかそれが値上げされ3394円+消費税となっていた。

 しかも、楽天モバイルは店頭で加入パッケージが安売りされている例を見かけないため、最初に3665円がかかってしまうのは仕方ないと思っていた。

 しかし、そこは楽天。「楽天モバイル楽天市場店」でスーパーセールをやっており、端末と加入パッケージのセットが売られていた。

 筆者が買ったのは、購入時にセールになっていたZTEの「BLADE E01」のセット。データSIMの契約とセットなら事務手数料込みで2999円という価格になっていた。

 初見の時は品切れとなっていたが、夜中にもう一度見ると在庫が復活。無事にポチっと購入することができた。SIM単体で加入するよりも出費が少なく、BLADE E01が付属するという結果となった。

 到着まで1~2週間となっていたが、翌日に回線契約の案内メールが届き、その翌日に契約手続きをしたところ、さらに翌日に発送となった。申し込みから1週間もせずに使いはじめることができた。

届いたSIMとBLADE E01のセット
届いたSIMとBLADE E01のセット

 なお、3月15日現在では事務手数料は別になるが、「楽天モバイル楽天市場店」ではなく楽天モバイルの公式サイトから、BLADE E01を音声SIM契約時で980円、データSIMの場合で2980円で購入できる。

 楽天の場合、スマートフォンとセットで購入した場合は、データSIMであっても最低利用期間と契約解除手数料が発生する。

 今回、筆者が購入した条件では、契約から6ヵ月間以内に解約した場合は1万584円がかかる契約。それでも1ヵ月あたり最低で569円で維持できるため、使わなくなったとしても無理に短期で解約する必要もなく、問題にはならないだろう。

ZTE BLADE E01は最低限の利用は問題なし

シートにボタンやスロットの説明が書いてある。丈夫なシートがしっかり密着している
保護シートにボタンやスロットの説明が書いてある。丈夫なシートがしっかり密着している

 激安で入手できてしまったBLADE E01だが、スペックは今となってはミニマムなもの。内蔵のストレージがたった8GBしかないとか、メモリーが1GBなので一部のアプリが動作しないなどの制約があるが、ブラウザーやGmail、Googleマップなど基本的なアプリを使う分には障害はない。YouTubeやAbemaTVなどの動画配信アプリも問題なく動いている。

 ドコモのネットワークを広いエリアで使うために必要なバンド19のLTEにも対応しており、こちらも問題なしだ。

BLADE E01のホーム画面
BLADE E01のホーム画面

 さまざまなアプリを入れ、自分の相棒のように使いこなすには少し動作速度や保存容量の点で満足できない点があるかもしれないが、割り切って使う分なら問題ないだろう。

 価格的には最安クラスの製品ながら、プラスチックっぽい外観や手触りでないところも気に入っている。

SIMはトレイに置いて挿入する方式。iPhoneと同じく接点側を下にしてSIMをトレイに置く。2枚挿入可能
SIMはトレイに置いて挿入する方式。iPhoneと同じく接点側を下にしてSIMをトレイに置く。2枚挿入可能

 格安SIMを使う上で便利なのは2枚のnanoSIMが挿入でき、同時使用はできないもののどちらもLTEが使えて簡単に切り替えて使えること。データSIMだけで使うなら、容量に応じてSIMを使い分けるなどの活用も簡単だ。

速度計測では良好な数値を示すが……

 いつもの速度測定のように、Ookla SpeedtestとRBB SPEED TESTのアプリを入れて測定した。SIMが2枚入るので、比較用に格安SIMのメジャーブランド、「IIJmio」のSIMも挿入して切り替えて測定した。

 最初に言っておくが、3月から3日間の容量制限がなくなった点はすぐ確認できた。速度測定をネットワークが空いている時間帯に何度もやれば、今回契約した3.1GBプランの以前の制限であった540MBはすぐに使ってしまうわけだが、速度低下はなかった。

SIMが届いて2GB近く一気に使ってしまったが、速度制限はかかっていない
SIMが届いて2GB近く一気に使ってしまったが、速度制限はかかっていない

 月末まで使い切ってしまう恐れもあるが、たくさん使う必要があった場合でも、速度低下なく契約容量までは使い切ることができる。

 速度計測だが、早朝の時間帯などでは、下りで40Mbps超の速度が簡単に出てしまうことがわかったので、夜の遅い時間と昼時に着目して速度や使用感を比較した。

朝6時台の住宅地の測定結果
朝6時台の住宅地の測定結果(単位はMbps)

 まず、極端に速度が落ち込む昼休み。楽天モバイルは下り10Mbpsオーバーと非常に優秀な数値を記録している。

 一方のIIJmioは格安SIMらしくと言っては悪いが、極端な速度低下を起こしている。IIJmioの下り速度は1Mbps以下で、その遅さに耐えられないようにも見える。

昼12時のビジネス街の測定結果
昼12時のビジネス街の測定結果(単位はMbps)

 続いて、夜21時前後だが、IIJmioはやはり速度低下を起こして3Mbps以下。ところが楽天モバイルは下り30Mbpsオーバーと順調に速い速度を記録している。その差ははっきりしているように見える。

夜21時の駅前の測定結果
夜21時の駅前の測定結果(単位はMbps)

 しかし、実際に使ってみると、あくまで筆者の使った上での主観だが、この数値の差と体感速度は逆転する。たとえば、平日夜22時ごろだが、楽天モバイルではAbemaTVの視聴がとぎれとぎれになってしまい、残念ながら快適な視聴に耐えられないことがあった。

 すぐにIIJmioに切り替えてみると、特に問題なく視聴ができた。画質を最低設定にしても変化はなかった。念のため、速度測定をしてみたが、楽天モバイルのほうが速度が出ていた。

 また、昼休みも似たようなことが起こった。平日12時50分ごろに体験したことでは、Yahoo! JAPANのトップページをスマートフォン用ページで表示させてみても、楽天モバイルはなかなか最初の表示が出ず、画像も含めた全部の表示までは数十秒の時間がかかった。

 IIJmioはすぐにだいたいのレイアウトとテキストが数秒で表示され、ニュースのヘッドラインも確認できた。画像を含めた全部の情報表示までには時間がかかったが、情報が短時間に得られるという点ではIIJmioが優位だった。

 これはあくまでインターネットのベストエフォートの世界なので、楽天モバイルの回線から相性のいい、つまり快適にデータが流るウェブサイトと、そうでないウェブサイトがあるにすぎないが、速度測定の結果がすべてではないことを表す事例だった。

端末セットのセールを狙えばメリットは大きい

 3月に3日間の容量制限がなくなった楽天モバイルだが、速度測定サイトによる速度は、非常に高速な数値を示すことがわかった。

 休日に動画を見る機会が多かったり、まとめてアプリのダウンロードをするような使い方をしても、その翌日から速度低下が続くということがなくなった。

 実際の使い心地という点で不安を感じないわけではないが、他の制限のない格安SIM並みに自由に使える。

 さらに、セールで端末セットで安く加入できるとなれば、楽天モバイルのメリットが大きくなる。

 違約金のある最低利用期間があるが、音声SIMなら通常でもあるものなので、特に問題はなし。気に入ったSIMフリー端末が楽天モバイルにラインナップされているなら、価格や今後かかる費用を吟味して加入してもよいだろう。

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク