退会や事故に備えて主要SNSの投稿データをバックアップするワザ

文●柳谷智宣

2018年04月14日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日々投稿しているSNSが日記やライフログ、マイデータベースとなっている人も多いだろう。大手SNSであれば、事故によってデータが消失してしまう可能性はほぼない。しかし、いきなりTwitterのアカウントを凍結されたり、Facebookに不正アクセスされたりしてしまう可能性はある。人によってはアカウント情報を完全に忘れてログインできなくなったり、自ら誤操作やその場の勢いで退会してしまうかもしれない。

 そこで、今回は万一の時に備えてTwitterやFacebook、Instagram、LINEの投稿データをバックアップするワザを紹介しよう。

1年に1度くらいは、SNSのデータを保存しておいてはいかが?

Twitterは公式機能を軸に
画像ダウンロードサービスを利用

 Twitterは全ツイート履歴をダウンロードする機能を用意している。設定の「コンテンツ」から「全ツイート履歴をリクエストする」をクリックし、送られてくるURLを開けば、ダウンロードできる。ZIPで圧縮されているので解凍すると、複数のフォルダーとファイルが作成される。その中の「index.html」を開くとブラウザーでツイート履歴が表示される。全ツイートが保存されており、画像へのリンクが含まれている場合は表示される。

 CSVファイルも同梱されており、こちらは投稿内容がデータとして羅列されている。何かほかの用途に利用する際は、CSVファイルの方が使いやすいだろう。しかし、Excelでそのまま開くと文字化けしているので、まずはメモ帳アプリで読み込み、上書きしよう。文字コードが変更され、正常に表示されるようになる。

Twitterの画面から「設定とプライバシー」を開く
「コンテンツ」→「全ツイート履歴をリクエストする」をクリック
履歴の準備ができるまでしばらく待つ。完了したら、登録してあるメールアドレスに通知が来る
メールが届いたらURLを開き、「ダウンロード」をクリックする
圧縮ファイルを解凍したら、「index.html」を開く
Twitterに似たURLでバックアップしたデータが開く。画像のリンクがある場合は、自動的に読み込んでくれる
CSV形式のファイルも含まれているが文字化けしている
メモ帳にファイルをドラッグ&ドロップして上書き保存する
文字化けが解消された

 公式バックアップ機能では、画像ファイルそのものはダウンロードできていない。インターネットにつながっていなければ表示できないし、リンク先の画像がなくなれば非表示になる。画像もローカルに保存したいなら、「timg」(こちら)というウェブサービスを利用しよう。ユーザーネームを入れて検索し、表示した画像をまとめてダウンロードできるのだ。

 大量の画像を投稿している場合は、画面下の「Load More」をクリックして表示すればいい。画像は20枚ずつZIPファイルに圧縮され、自動で連続ダウンロードされる。1ファイルにまとめてファイルが巨大になりすぎてエラーを起こさないようにしているのはありがたいところ。

「timg」のウェブサイトを開き、ユーザー名を入力する
画像が表示されるので、右上の「Download Zip」をクリックする
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍したところ
1000枚以上の画像も、20枚区切りでまとめてダウンロードできる

Facebookの公式ツールで
画像も含めて完全バックアップできる

 Facebookにも公式バックアップツールが用意されており、多岐にわたる情報を保存できる。まずは、Facebookの「設定」を開き、「一般」→「Facebookデータをダウンロード」をクリックする。「データをダウンロード」画面が開くので「アーカイブを開始」をクリックしてしばらく待つ。何年も使い続けているなら、時間がかかるのでメール通知を待とう。筆者の環境では814MBのデータになっていた。完了メールが届いたら、URLを開き「アーカイブをダウンロード」をクリック。ZIPファイルをダウンロードし、解凍すればいい。

「設定」を開き、「一般」→「Facebookデータをダウンロード」をクリック
「アーカイブを開始」をクリック
完了メールが届いたら、URLを開き「アーカイブをダウンロード」をクリック
本人確認のためにパスワードを入力する

 解凍したファイルの「index.htm」をダブルクリックすると、ブラウザーでバックアップしたデータが表示される。Facebookとは異なるUIだが、プロフィールから連絡先、タイムライン、写真や動画、メッセージなどほとんどの情報が保存されている。

 他のSNSやブログにインポートするのは難しそうだが、バックアップデータそのものが使いやすいので情報を保存するという点では問題なしだ。

解凍したら「index.htm」をブラウザーで開く
Facebookのバックアップデータが開く
タイムラインもきちんと保存されているが、写真や動画とは連携していない
写真もローカルに保存されている
メッセージは画像付きで表示される

InstagramはWordPressのプラグインで移行する

 Instagramは公式ではバックアップ機能が用意されていない。以前は、サードパーティーからInstagramの画像やコメントなどを一括バックアップできるウェブサービスやフリーソフトが公開されていたのだが、最新の環境ではどちらも動作しなかった。

 そこで、ちょっと面倒だが、「WordPress」というブログシステムのプラグインを使う方法を紹介しよう。「DsgnWrks Instagram Importer」(こちら)プラグインを利用すると、Instagramの投稿をインポートできるのだ。

 WordPressのブログを持っていないなら、「Xdomain」(こちら)などの無料サービスを利用してもいい。

 WordPressの設定画面からプラグイン追加画面を開き「DsgnWrks Instagram Importer」を検索。インストールしたら有効化して、設定画面を開こう。「Secure Authentication with Instagram」をクリックして、Instagramに接続したら準備完了。インポートする期間や公開するステータスをプルダウンメニューから選択し、「Import」をクリックすればいい。

 今までInstagramに投稿されていた写真が、タグやコメントとともに自分のブログに移植されているのは気持ちいい。さらにローカルに保存するなら、プラグインやFTPソフトを使って画像をダウンロードしよう。

「DsgnWrks Instagram Importer」プラグインを利用すれば、InstagramからWordPressに投稿をインポートできる
今回は「Xdomain」の無料サービスを利用した
プラグインをインストールしたら「有効化」する
「Secure Authentication with Instagram」をクリックして、Instagramに接続する
インポートする期間を指定する
インポートした投稿のステータスを指定する。そのまま公開するなら「Published」にする。設定できたら「保存」を押し、「Import」をクリックする
WordPressにInstagramの投稿をバックアップできた

LINEのメッセージならローカルに保存できる

 LINEのメッセージを保存するなら、トーク履歴のバックアップ機能を利用する。ただし、写真やスタンプを保存できないのは残念だ。もちろん、iCloudやGoogle Driveを利用して全トークをバックアップして、他の端末に復元することはできるが、この場合、ローカルにファイルを保存することはできない。

 保存したいトークを開き、「トーク履歴を送信」(iOS)や「トーク履歴をバックアップ」(Android)をタップすればいい。共有メニューが開くので、メールで送信したり、クラウドストレージに保存しよう。トーク履歴はテキストファイルで保存され、日時や文章を確認できる。スタンプは「[スタンプ]」のように表示される。

トーク画面から「設定」を開く。画面はiOS
「トーク履歴を送信」をタップする
共有メニューが開くので、任意の場所に保存する
OneDriveに保存してみる
Androidアプリも同様に、「トーク履歴をバックアップ」をタップする
「テキストでバックアップ」をタップする
メールで送信したり、クラウドストレージに保存する
保存したテキストファイルを開いてみたところ

 以上が、主要SNSのバックアップ方法だ。包括的にバックアップできるのはFacebookだけで、それ以外のSNSはいろいろと工夫する必要があるのが面倒。とはいえ、事故や不正アクセスで消失するのも困るので、時々思い出したらバックアップすることをオススメする。

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク