アップルがMacBook Airに割高なリサイクルアルミを使うワケ

文●松村太郎 @taromatsumura

2018年11月02日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは現地時間10月30日、米ニューヨーク・ブルックリンでスペシャルイベントを開催し、MacBook Air、Mac mini、iPad Pro、Apple Pencilを刷新しました。

 新製品についてはレビューを通じて詳しくお伝えします。今回はイベントがブルックリンで開かれた理由、そしてアップルがちりばめた重要な2つのメッセージについて考えていきましょう。

 クリエイティブと持続可能性についてです。

●ブルックリンで開催した意味

 アップルはカリフォルニア州クパティーノにApple Parkをオープンしました。キャンパス内には約1000人収容できるSteve Jobs Theaterがあり、2017年からはiPhoneを発表する9月のイベントや株主を集めたミーティングなどで利用していますが、昨年も今年も9月のイベントでしか使用していません。個人的にはもったいない感じもするのですが。

 アップルは3月にシカゴ、6月にサンノゼ(WWDC)、そして10月にニューヨークと、米国の都市でイベントを開催しています。

 開発者会議を開くサンノゼを除き、シカゴやニューヨーク・ブルックリンには、いわゆる「タウンスクエア」型にリモデルされたアイコニックなApple Storeがあります。今回もApple StoreにおけるToday At Appleの特別セッションをプレス向けに案内するなど、イベントと一体化した小売店活用のパターンが展開されました。

 シカゴでは教育がテーマでしたが、今回のブルックリンでは「クリエイティブ」がテーマ。いずれもiPadの新製品が関わるイベントでしたが、「価格を思いきり下げたiPadは教育に、A12X Bionicで驚異的な処理性能を追求したiPad Proはクリエイティブに」という目的性もより明確にしました。

 ブルックリンは、全米でも随一の文化・ファッション・食などの集積地かつ情報発信地となって長らく立ちます。クリエイティブというテーマをiPadに与える際、この土地が最もふさわしかったというわけです。

 また、タイミングもまた絶妙でした。10月15日からはロサンゼルスでクリエイティブの祭典Adobe MAXが開催され、iPad向けのPhotoshopがアナウンスされ、アップルのシニアバイスプレジデント、フィル・シラー氏が基調講演にサプライズ出演したばかり。

 今回のアップルのイベントでも、iPadに今後登場するクリエイティブアプリとしてアドビがPhotoshopのデモを披露しており、緊密なパートナーシップをアピールしました。

 アップルとアドビはデジタルクリエイティブの世界を切り拓いたパートナーとしては30年来の付き合いがあり、その関係性はMacからiPad Proに移って今もなお、より深まっていると言います。

 アドビはクリエイティブを万人に届けることをミッションに据え、アップルはコードとともにクリエイティブを急行くや日々の生活に取り入れる手助けをしようとしています。今ふたたび、この2社が連携している様子が明らかになったわけです。

●Today at Appleにクリエイティブのコースを

 アップルは直営店について「タウンスクエア型」への転換を進めており、日本でも10月26日にApple 渋谷がリニューアルオープンしました。

 世界中のストアで18ヵ月前から展開しはじめたコース「Today at Apple」では現在、毎週1万8000回ものセッションを実施しています。小売店を担当するシニアバイスプレジデント、アンジェラ・アーレンツ氏が登壇し、アップル直営店における教育プログラムが順調に拡大していることを報告しました。

 その上で、今後、新たに60ものクリエイティブのセッションを追加して、そこにはARやプロビデオ、ファミリーポートレート、フォトウォークならぬスケッチウォークなどが含まれると予告しました。

 クリエイティブ思考をあらゆる人に届けることをミッションに、3000人のクリエイティブプロを含む7000人の世界最強のスタッフを揃えていると、アーレンツ氏は自信を見せました。

 もちろん、クリエイティブはツールによって作られるものではありません。Photoshopが使えれば素晴らしいアーティストになれるかと言われたらそうではないからです。

 デジタルツールはあくまで、発想の表現を手助けする道具です。一方、ツールを学ぶことは何かを作ったり表現することに対する抵抗感を減らしし、表現自体を生活や仕事の中で利用できるようにしてくれます。

 アドビやアップルが手助けするのはこの部分ですが、それも大きな意義があります。表現の手法が分かれば、何が起きているのかが理解でき、評価や共感ができるようになります。クリエイティブの活動にとって、これは大きな後押しとなるからです。

●安いからではなく、正しいから取り組む

 今回のイベントで個人的に最も印象に残ったのは環境対策でした。新しいデバイスに用いられているアルミニウムはいずれも100%リサイクル素材が用いられていたからです。

 アップルはMac、iPad、iPhoneといった主力製品で、外装についてはアルミニウムとガラスの素材で固めてきました。製造過程で削ったアルミニウムを溶かして再資源化し、採掘なしにアルミニウム材料を作り出すことで、製造過程の二酸化炭素排出量を約50%軽減できるというのです。

 しかしこの方法、アルミニウムを鉱石から作り出すコストよりも割高になります。にもかかわらず、アップルがその道を選んだ点、しかもハイエンドモデルではなく、価格の安さがより重視されるエントリーモデルに適用した点に、非常に大きな衝撃を受けたのです。

 アップルは、安いからリサイクルに取り組むのではなく、正しいから取り組むのだ、と今回の100%リサイクルアルミニウムの使用について説明しました。もちろん地球環境のことを考えれば、鉱石を掘り当てるために地球に穴を開けずに済むことは正しいかもしれません。

 しかし、それだけではないと思います。

 アップルはMacが1億台以上のインストールベースに達したとアピールしました。iPadは4億台で、これを含めたiOSデバイスは20億台に上ります。そして毎年2億台のiPhone、およそ6000万台のMacとiPadが販売され続けています。

 と、ここまで書いてくると、アップルが毎年資源を使っていかに膨大なデバイスを作り続けているかが分かります。そしてこれまでは、資源を堀りながらこれらのデバイスを作り続けてきたわけです。

 もちろんすべてのMacやiPadが再資源化されたリサイクルアルミになるわけではありません。しかしモデルチェンジのたび、だんだんその割合は増えていくでしょう。少なくとも、ノート型Macの半分程度を占めると言われるMacBook Airは、新たな資源に頼らずアルミニウムの外装を作ることができるようになりました。

 アップルと同じような規模で、カテゴリあたり単一もしくは数種類程度のデジタルデバイスを膨大な数作るメーカーは、今後現れてこないかもしれません。

 販売台数と売上高が重要だったはずのテクノロジー製造業のアップルが、デバイスの「長持ち」を売りにすること、そしてリサイクル材料を活用することは、選ばないわけにはいかない、持続可能性の道だったのでした。


筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

mobileASCII.jp TOPページへ