アップルiPhone空中ジェスチャー対応への期待

文●松村太郎 @taromatsumura

2019年10月15日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルはユーザーインターフェイスについて、しばしば同社の歴史をプレゼンテーションに織り込むことがあります。そこで語られるのは、Macのマウス、iPodのクリックホイール、そしてiPhoneのマルチタッチ。

 本当はここにApple Watchのデジタルクラウンを追加したいのかもしれませんが、さすがに時計以外のデバイスへの汎用性を求めるのは難しいかもしれません。でもソニーはケータイにジョグダイアルが搭載されていて、操作が最高に気持ち良かったことを思いだし「なしではないな」と思いました。

 とはいえ、タッチパネルは、稼働部やボディの隙間を減らし、表示部分を増やし、多様な操作と薄型化を両立させる点で、モバイルデバイスにとっては非常に重要な装置となりました。しかしそのタッチパネルについて、アップルはあるギミックを取り去ることにしたようです。

●押し込む操作

 アップルはiPhone 6s世代から、マルチタッチの拡張に取り組みます。3D Touchと呼ばれる新しい操作は、圧力を検出する仕組みがスクリーンに追加し、タッチの検出と組み合わせて、その箇所を押し込む入力方法を追加したのです。

 この圧力を検出するマルチタッチディスプレイは、2014年に発表、2015年に発売されたApple Watchで先に採用されており、また2016年のiPhone 7以降のホームボタンも、圧力を検知して押し込まれたと判断し、TapTicエンジンによる感触フィードバックを返す方式になりました。

 とくにiPhoneのホームボタンは使用頻度も高く、物理的なボタンが効かなくなる不具合に見舞われることも多かったため、物理的に動かず、しかし押し心地があるボタンとして実装された点は、非常に秀逸だった、と振り返ることができます。

 押し込めるようになったスクリーンですが、例えばサブメニューを表示させたり、リンク先を開かずにプレビューしたり、通知の省略表示を展開したり、といった活用方法が充実しました。しかしiPhone SEやiPhone 6など3D Touchに対応しない機種が共存する以上、あらゆるアプリが押し込める前提でUIを作り込んだり、押し込む加減でコントロールするゲームを作ることはできませんでした。

●iPhone XRから押し込めなくなる

 2018年のiPhoneのうち、液晶のフチなしディスプレイを採用したiPhone XRは、3D Touchに対応しない製品となりました。上位モデルだったiPhone XSシリーズは引き続き3D Touchが利用できましたが、iPhone XRでは押し込みを長押しに代替する「Haptic Touch」と呼ばれる操作方法が採用されました。

 3D Touchの代わりに1秒弱長押しすると指先にコツンとフィードバックがあり、押し込んだときと同様のメニューなどが開きます。指先の圧力をかける操作を時間に変換して認識してフィードバックを与えることで、今までの操作性を継承しようというアイディアです。

 そして2019年、iPhone XRの後継となるiPhone 11に加えて、iPhone 11 Proシリーズからも3D Touchが排除され、Haptic Touchにより代替されました。面白いのは、画面を押し込めるようにして新しいタッチ操作を開拓し、再び押し込めないようにしてその操作性を残す、という手順で、Haptic Touchにたどり着いた点です。

 これによって、スクリーン全体で圧力を検出する必要はなくなりました。その分のセンサーを省くことができますし、圧力を伝える必要がなくなったガラスはより硬くすることもできるでしょう。

 圧力をかけるインターフェイスは、引き続き販売されるiPhone 7、iPhone 8のホームボタン、Apple Watch、MacBookシリーズのトラックパッド、単体のMagic TrackPad 2にも搭載されています。これらは稼働部をなくすメリットが勝り、引き続き搭載が続くと考えられますが、マルチタッチスクリーンでは、引き続き実装するより他のメリットが勝ったと考えていいでしょう。

●新たなるインターフェイスへの旅

 筆者が東京に戻ってくると、電車での移動時間が驚くほど伸びます。その分米国ではクルマに乗っていたということになりますが、電車移動の際にはやはりスマートフォンでニュースを読んだり、メールを書いたり、読書をしたり、といった時間になり、ほぼずっと手にスマートフォンを持つことになります。

 そのため、日本に戻ってきて悩まされるようになったのが、右手の腱鞘炎です。

 もともとキーボードで仕事をしているので、手首が痛くなることは珍しくないと思っていたのですが、東京に戻ってきて急に右手が痛くなり、小さなコブ(ガングリオンというそうです)ができてしまいました。ガングリオン自体は痛みの原因とは関係なく、痛みとコブは別の症状なのだそうです。

 それだけ、スマートフォンを持ち続けて何かを見たり、親指を使って文字入力することは、筆者にとって、手首への負担になってしまっていた、というわけです。現代病と片づけることはできますが、対策は電車の中でスマホを持たないことでしかなく、あまり良い答えとはいえません。

 そろそろ、新しいインターフェイスが探求されるべきタイミングになっているのではないか、と思いました。

 ASCII.jpの別の連載で「デュアルスクリーン」に魅力と可能性を感じている話を書きました。しかし画面が大きくなるということはそれだけ重たくなるわけで、筆者の個人的な問題を解決してくれるものではなさそうです。右手だけでなく、左手もろとも腱鞘炎、なんてことはぜひ避けたいところです。

 デバイスをできるだけ軽くする、あるいはデバイスを支えている状態で親指を動かす操作をしなくて済む、というあたりが条件になりそうですが、その解決策はいったい何でしょうか。

●U1チップという可能性

 一つは音声入力。筆者はすでに、iMessageやFacebookメッセンジャーなどで届いたメッセージへの返事を、Apple Watchから音声入力でしています。手首を口元に近づけるだけで済み、スマホを持たずに済みます。ただ、電車の中ではちょっと気が引けます。

 そこで、デバイスを持っていない方の手や指先の動きを検出する仕組みがあると良さそうだ、と思うようになりました。その布石となりそうな機能が、じつはiOS 13に実装されています。

 英語キーボードの「Quick Path」という入力方法は、「SwiftKey Keyboard」というアプリそのままで眉をひそめましたが、アイディアとしてはキーボードの上を指でなぞることで単語を推測して入力できる方法を実現しています。

 今は画面をタッチしていますが、もし指先の動きが検出できれば、別に画面に触れることなく指を空中でくるくる動かせば入力できますよね。そうすると少なくとも文字入力に伴う手首への負担が軽減できる可能性があります。

 偶然にも、iPhone 11にはU1チップが搭載され、距離や方向を細かく検出するワイヤレス技術が利用可能になりました。これを活用するデバイスを指先に装着したり、手首のApple WatchにU1が搭載されると、タッチしないインターフェイスに近づくのではないか、と思いますがどうなるでしょうか。


筆者紹介――松村太郎

  1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

mobileASCII.jp TOPページへ