KDDI、ワンセグやデジタルラジオとのコンテンツ連携型サービスを提供開始

文●永島和夫

2007年07月26日 19時40分

KDDI(株)は26日、ワンセグ放送において動画コンテンツと視聴予約機能を組み合わせたり、デジタルラジオ放送において電子書籍のダウンロードができる“コンテンツ連携型サービス”を提供開始すると発表した。デジタルラジオでの音楽以外のコンテンツダウンロードはだという。

ワンセグの視聴予約機能は、今月27日放送の番組キャンペーンサイトの“テレビスペシャル ルパン三世 霧のエリューシヴ 予告動画”にワンセグの視聴予約機能を組み込み、番組放送開始前に携帯電話機のアラームで視聴を促すというもの。

一方、デジタルラジオでの書籍ダウンロードは、(株)エフエム東京の“3セグメント放送”を利用して行なう。今月27日と8月10日に701ch“ENERGY”の“Choppaya!”番組内で“ルパン三世登場40周年記念キャンペーン”を告知するとともに、同番組放送中に放送波による電子書籍“EZブック”のダウンロードが可能となる。

電子コミック版“ルパン三世”

電子コミック版“ルパン三世”より 原作:モンキー・パンチ(C)TMS

無料ダウンロードできるEZブックは、“テレビスペシャル ルパン三世 バイバイ・リバティ・危機一発!”のEZブック全12ファイルのうちの3ファイルとなる。

電子コミック版“ルパン三世”より

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ