ソフトバンク、料金プランを刷新 2GB以下で割引の「メリハリプラン」

文●ASCII

2020年02月25日 17時20分

 ソフトバンクは、現行の「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」に変わる新たな料金プランとして、「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」の2つを発表。3月12日に開始する。「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」に相当する料金プランは、3月11日をもって終了する。

月2GB以下なら割引の「メリハリプラン」
月50GB+対応動画/SNS使い放題は変わらず

 まず「メリハリプラン」。こちらは中心となる部分は「ウルトラギガモンスター+」から大きな変更点は無い。基本プラン+月50GBのデータ定額+主要動画サービス/SNSでカウントフリーのセットになっており、料金は月7480円(以下、すべて税抜)というのも同じ(2人で月500円、3人で月1500円、4人以上で月2000円の割引も同様)。

 ただし、月2GBより通信量が少なかった場合は、月1500円の割引が発生するというのが、これまでには無かった要素。なお、この月2GBには、前述の通信量にカウントされない動画/SNSサービスでの利用分も含まれる。

 ライトユーザー向けプランも新たに「ミニフィットプラン」として登場した。1GBまでは月3980円、2GBまでは月5980円、5GBまでは月7480円と、従来用意されていた5GB超の段階が無くなった形。月1GBまでという完全なライトユーザー以外は、上位の「メリハリプラン」の方がオトクとして、そちらに誘導するような形と言えそうだ。

 なお、前述の家族割引のほか、新規契約/機種変更時に6ヵ月適用される「半年オトク割」で月1000円割引、対応の固定回線セット時の「おうち割 光セット」でも月1000円割引が両プランともに用意されている。

 また、新プランではオプションの国内通話定額も内容が変更されている。1回5分まで定額の「準定額オプション+」(月800円)、時間制限が無い「定額オプション+」(月1800円)とも、従来のオプションから300円高く設定されているが、これは留守番電話/割込通話/グループ通話/一定額ストップサービスの各オプションがあらかじめ含まれている形となる(従来の「定額オプション」「準定額オプション」も3月11日で受付終了)。

 

mobileASCII.jp TOPページへ