松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析

アップル新型iPad Pro マウスとARの再発明 (4/5)

文●松村太郎 @taromatsumura 編集● ASCII

2020年03月24日 21時30分

●LiDARスキャナは効果絶大 平面認識の手間いらず

 もう1つ、iPad Pro 2020年モデルの目玉は、新しいカメラモジュールに配置されたLiDARスキャナです。光を発して、反射して戻ってくるまでの時間を計測し、5m先までの正確な距離を測ることができる仕組みで、宇宙技術などにも活用されています。

 iPad ProやiPhoneの画面側についているTrueDepthカメラは、赤外線のドットを照射して顔の凹凸を計測する仕組みで、顔認証の他に、顔の表情を読み取ったり、顔にメイクや動物などを重ねるAR活用などを実現していました。

 LiDARスキャナはより離れた距離まで計測できるようになり、顔ではなく空間を認識するために使われます。

 その効果は絶大で、現状唯一対応する「計測」アプリでは、使い始める際にデバイスを動かして平面認識させる必要がなくなりました。また平面、垂直面、斜めの面なども瞬時に正確に認識してくれるため、なんとなく空間を眺めるのではなく、非常に正確に空間を認識していることが伝わってきます。物体の端を認識して正確にポイントできる点が便利になりました。

 iPadOS 13.4ではARKitも3.5にバージョンアップされ、LiDARスキャナの活用やシーン分析、平面や表面の特定などを行うことができるようになります。

 まだARアプリ全般をiPad Proで試せたわけではありませんが、平面の特定のタイムラグがなくなり、部屋の明るさなどの制約も取り払われそうで、ARアプリの活用度がより拡がっていく可能性を感じることができます。AR体験は発展途上ですが、これまでの常識を一新した再発明をもたらしてくれると期待が持てます。

mobileASCII.jp TOPページへ