miniも登場! iPhone 12、ASCII徹底大特集

iOS 14の「写真」アプリはピンチインで写真が探せる

文●貝塚/ASCII

2020年11月19日 14時00分

ライブラリから、ピンチイン/ピンチアウトで、写真にクローズアップできる

 iOS 14ではプリインストールされている「写真」アプリで、より直感的に写真を探せるようになった。

 「ライブラリ」から「すべての写真」を表示すると、iPhoneに保存している写真が一覧表示される。この際のアイコンの大きさが任意に調整できるのは従来同様だが、ピンチイン/ピンチアウトで、写真にクローズアップできるのだ。

 このように、同じシーンの写真が何枚か保存されているとしよう。

ライブラリからピンチインで写真を拡大したところ

 「登壇者の表情がいいものを人に共有したい」といった場合、従来は、一枚一枚開いて、いい写真を選ぶことが多かったと思う。

「表情がいい写真を送りたい」といった場合に便利だ。このままピンチインすれば、画面幅いっぱいまで拡大し、縦スクロールで写真を探せる

 iOS 14では、何枚か並ぶ写真の内「このあたりかな」と思う写真にピンチインすれば、そのまま写真の細部まで拡大して見ることができる。

 イメージとしては、iOS 13までは「ライブラリ」なのか「写真単体」なのかの境界がはっきりしていた。iOS 14では、ライブラリから写真の拡大までがシームレスにつながっている。

 ライブラリからのピンチインで最大まで拡大すると、写真はiPhoneの画面幅いっぱいに表示される。この状態では、縦スクロールで次々と写真を見られる。

 写真を開き、横スクロールで1枚1枚チェックしていくよりも、スピーディーに目的の写真にアクセス可能だ。

 独特の操作感だが、使い慣れれば、膨大な写真の中から、ピンチイン/ピンチアウト、スクロールで見たい写真を探せるようになる。iOS 14に更新したり、iPhone 12、iPhone 12 Proを手に入れたら、ぜひ試してほしい機能だ。

mobileASCII.jp TOPページへ