miniも登場! iPhone 12、ASCII徹底大特集

iPhone 12 mini 自腹レビュー どうしてminiを選んだか? (3/5)

文●柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年01月01日 10時00分

以前にMacのiBookやMacBookで、白いポリカーボネート製ボディーにシルバー(グレー)のフレームの付いたものを何台か使っていたので、なんとなくそれを思い出させるようなデザインに懐かしさを感じた

色、ストレージは?

 iPhone 12 miniを買おうと決めても、まだ選択しなければならないことがある。本体の色とストレージの容量だ。

 Proの付かないiPhone 12の場合、選べる色は5色。「ブラック」、「ホワイト」、「ブルー」、「グリーン」、そして「(PRODUCT)RED」のいずれかだ。このうち「ブルー」と「グリーン」は、色の名前の前に形容詞が付いた「××ブルー」とか「△△グリーン」という名前になっていない割には、一般的なブルーやグリーンの記憶色とはかなりズレたクセのある色に見える。しかし、Facebookなどを見る限り、標準サイズのiPhone 12については、私の知人の間では「ブルー」の人気が高いようにも思えた。名前はともかく紺色に近いブルーは色としては無難なのだろう。

 それに対して私が選んだのは「ホワイト」だ。特に説明できるような理由はないのだが、これまでに白いiPhoneは使ったことがなかったので、どんなものか、ちょっと試してみたかったというのもある。そして、以前にMacのiBookやMacBookで、白いポリカーボネート製ボディーにシルバー(グレー)のフレームの付いたものを何台か使っていたので、なんとなくそれを思い出させるようなデザインに懐かしさを感じたのは事実だ。

 あとはストレージを決めるだけだ。選べるのは64GB、128GB、256GBの3種類。私のような用途や使用状況では、おそらく64GBでも十分だろう。しかし、価格を見ると64GBと128GBでは、税別価格で5000円しか違わない。それなら、ということで選んだのは128GBとなった。なお、iPhone 12 miniより先に発売された普通サイズのiPhone 12をオンラインストアで見て、製品の並び順や納期から判断すると、ストレージサイズでは128GBの人気がもっとも高いように思えた。

 やはり私と同じように感じる人が多いのだろう。ということは、128GBを選ぶと予約から納品まで待たされる可能性があるかも、とも考えたが、別に急ぐ理由もないので、128GBを予約することに決めた。

mobileASCII.jp TOPページへ