5000円未満でこれだけ使えるなら十分「Miスマートバンド5」を1週間試した (1/6)

文●井上 晃 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年01月11日 09時00分

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

シャオミ(XIaomi)のフィットネストラッカー最新モデル「Miスマートバンド5」。価格は4490円とお手頃

 「Miスマートバンド5」は、シャオミ(XIaomi)が1月8日から日本国内で発売を開始したフィットネストラッカー。グローバルでは「Mi Band 5」の名称で既にリリースされている製品です。価格が4490円とお手頃でありつつも、スマートウォッチに期待するような基本機能を一通り備えている点で、ウェアラブル入門者には有力候補となるでしょう。同機はAndroidだけでなく、iOSにもペアリング可能だということで、今回はiPhoneと連携して使ってみました。

「Miスマートバンド5」の進化点とは?

 Miスマートバンド5の価格は、前世代モデルの「Mi スマートバンド4」と比べて、価格が3000円台から4000円台へと少しだけ上がっています。しかし、後述する3つの進化点を考えれば、圧倒的に新モデルの方がオススメです。

スタイリッシュなパッケージデザイン

歩数、時間、心拍数の3つを表示できる文字盤の例

 1つ目は、1.1インチの縦長なカラー有機ELディスプレーを備えること。従来モデルの「Mi スマートバンド4」が、0.95インチだったため、わずかながらに大画面化を果たしました。文字盤デザインにもよりますが、従来モデルのサイズでは、時刻・歩数だけの表示だったとすると、新モデルではさらに心拍数までを表示できるイメージでしょうか。

 LINEやFacebookメッセンジャーの通知などをテキスト表示で確認できるため、画面が長い方がより長文を表示でき、内容を確認しやすいことがメリットになります。

本体裏面にカチッと接続して充電する

 2つ目は、充電操作が非常にラクになったこと。従来モデルでは、バンドからトラッカー本体を外してから、クレードルのような充電器に装着しなければなりませんでした。しかし、新モデルではバンドを装着したまま充電器に接続が可能。本体裏にマグネットでカチッと固定するだけでよいのです。

 ちなみに、バッテリー持ちについては、最大14日の連続使用が可能。筆者が実際に1週間装着してみた印象では、毎日30分以内のワークアウトを定期的に実施しても、50%以上残っていました。設定やワークアウトの利用時間にもよりますが、標準的な使用ならば、1週間程度の出張時などで充電器を持たなくても全く困ることはないでしょう。

デバイス裏面に光学式センサー

 3つ目は、光学式心拍センサーの計測精度が向上していること。各種トレーニングをした際の消費カロリーなどをより正確に確認できるといいます。ただし、今回は従来機との比較検証はしていないので、詳細についての言及は避けておきましょう。

 なお、「Mi Fit」アプリの設定項目には、「心拍数モニタリング」という欄があり、その中で「アクティビティモニタリング」という機能のオン・オフ切り替えが可能です。同アプリ内には、これを有効にすることで、ワークアウト中の計測頻度が増加して、心拍数データの正確性が向上するという記載がありました。

バンドは留め具を穴にカチッと固定する仕組み

サイズは13段階で調整可能だ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ