5000円未満でこれだけ使えるなら十分「Miスマートバンド5」を1週間試した (6/6)

文●井上 晃 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年01月11日 09時00分

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

睡眠のログ(左:日表示、右:週表示)は深い睡眠と浅い睡眠などを記録するシンプルなものだが、軽いアドバイスも表示された。入眠時間などの習慣作りを意識する程度なら役立ちそうだ

5000円未満でこれだけの機能が使えるなら十分アリ

 「Miスマートバンド5」は、設定しなけらばならない項目が非常に多いとは感じましたが、5000円未満でこれだけの機能が使えるなら十分アリでしょう。防水にも対応していますし、装着しながら洗い物などの家事をしてても気になりません。デバイス自体も軽いので、終日付けっぱなしでも大して負担になりませんでした。機能としては、特に睡眠とワークアウトの計測で重宝しそうだなと筆者は感じました。

ワークアウトは11種類に対応。試しに行ったウォーキングの記録では、移動経路の記録に加え、ペースや心拍数、高度の変化なども詳細に残った。心拍ゾーンを確認することで、トレーニング効果も確認できた

 もちろん、「日本語フォントが鋭くてあまり好みではなかった」「PAIの計測はかなり強度が高く日常使用向けではない」など、個人的に指摘したい部分もあるにはありましたが、全体のバランスとしてはよく整っている印象です。「スマートウォッチは気になっていたけれど、数万円も出せない」という人はこちらを検討してみると良いかもしれません。

 

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ