1万円台でFeliCa搭載! シャオミ製5Gスマホ「Redmi Note 9T」をソフトバンクが独占発売

文●オカモト/ASCII

2021年02月02日 14時30分

 シャオミは2日、ソフトバンクから発売される5Gスマホ「Redmi Note 9T」、SIMフリーの4Gスマホ「Redmi 9T」を発表した。本記事ではソフトバンクが国内独占販売の「Redmi Note 9T」について紹介する。

税抜1万円台という価格で、おサイフケータイにも対応したシャオミ製の5Gスマホをソフトバンクが発売

税抜1万円台で、MediaTekの高性能CPUに3眼カメラ
5000mAhバッテリーにFeliCa、ステレオスピーカーも

 昨年、「Redmi Note 9S」をSIMフリー市場で販売し、圧倒的なコストパフォーマンスで人気を呼んだシャオミ。auでリリースした「Mi 10 Lite 5G」に続いて、主要キャリア向けに5Gスマホを提供。Redmi Note 9Tは、ソフトバンクオンラインショップで税抜1万9637円(税込2万1600円)というエントリーレベルの価格ながら、ミドルクラス以上の性能、そして国内向けにおサイフケータイまで搭載するという驚きの仕様で登場した。

背面はポリカーボネート素材を採用。こちらはナイトフォールブラックのカラバリ

 その主なスペックは、パンチホール式のインカメラを搭載した6.53型液晶(19.5:9、1080×2340)、CPUには国内向け5Gスマホでは初となるMediaTek製SoC「Dimensity 800U」(2.4GHz×2+2GHz×6、オクタコア)、4GBメモリー、64GBストレージ、側面指紋センサー(+顔認証)、Android 10などとなっている。

ハイエンドより下では最強クラスのCPUとうたう

側面に指紋センサー内蔵の電源キーを搭載

 カメラについては、メインが4800万画素で、200万画素の深度センサー、200万画素のマクロカメラの3眼構成。自然なボケ味のポートレートモードや約4cmまで近づけるマクロ撮影などが売り。シャオミ製スマホらしく、長時間駆動もアピールポイントで5000mAhバッテリーを搭載し、15W高速充電にも対応している。

メインのセンサーは1/2型の4800万画素

 また、この価格帯のスマホであるにも関わらず、前述したようにシャオミ端末では初のおサイフケータイに対応したほか、横画面での利用時にステレオ再生が可能な「デュアル・オーディオ・スピーカー」も搭載している。

なんとこの価格でおサイフケータイ対応!

ステレオスピーカーも搭載

 予約受付は明日3日からで、発売は2月下旬以降を予定。カラバリは、ナイトフォールブラックとデイブレイクパープルの2色。2021年は低価格帯にまで5Gスマホが広がっていく年となりそうだが、早くもインパクト大の製品の登場と言える。

税抜1万円台、MNPでの購入時は1円!

ソフトバンク「Redmi Note 9T」の主なスペック
メーカー シャオミ
ディスプレー 6.53型液晶(19.5:9)
画面解像度 1080×2340
サイズ 約77×162×9.1mm
重量 約200g
CPU Mediatek Dimensity 800U
2.4GHz×2+2GHz×6(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS Android 10
5G最大通信速度 測定中
5G対応周波数 サブ6
無線LAN IEEE802.11ac
カメラ アウト:約4800万画素(標準)
+約200万画素(深度)
+約200万画素(マクロ)
/イン:約1300万画素
バッテリー容量 5000mAh
連続通話時間 約2200分
連続待受時間 約450時間(5G)/約450時間(FD-LTE)
/約430時間(AXGP)
FeliCa
防水/防塵 ×/×
生体認証 ○(指紋、顔)
イヤホン端子
USB端子 Type-C
カラバリ ナイトフォールブラック、デイブレイクパープル
発売時期 2月下旬以降

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ