AirPods Maxのメリットはアップルユーザーのためだけなのか? (1/3)

文●佐々木喜洋 編集●ASCII

2021年02月17日 13時00分

前へ 1 2 3 次へ

AirPods Max

 「AirPods Max」は、アップルとしては初めてのヘッドホン製品だ。アクティブ・ノイズ・キャンセリング機能を搭載した、Bluetoothヘッドホンで、発表当時はその価格の高さに話題が集中した。

 製品紹介は簡単に済ませるが、多少の前置きを許してほしい。

 私は今「iPhone」や「Macintosh」を使い、過去には「Newton MessagePad」も所有していた。そうした私のアップル体験のはじまりは、学校におかれていた「Apple ][」だった。

 Apple ][はアップルをガレージメーカーから大企業に成長させた記念碑的製品だが、その設計のほとんどは天才エンジニアであるスティーブ・ウォズニアックによるものだ。スティーブ・ジョブズの関与は大きくないが、その最大の貢献は電源ファンなしで済むスイッチング電源を採用したこと、そして「カッコいい」プラスチック筐体のデザインを決めたことだ。

 アップル製品というと白いイメージがある。これは1980年代にフロッグデザインが定めた「スノーホワイト」デザイン言語に端を発しているが、これもジョブズが主導したデザイン改革だった。アップルの処女作は無骨なワンボードマイコンだった。しかし、ジョブズ色が強まるにつれ、アップル製品もコンピュータ本来の機能のほかにガジェットとしての魅力も持つようになっていったのだ。

 そして、手元にあるAirPods Maxからもその遺伝子を感じることができる。そこでヘッドホンの本質であるオーディオ的な側面とガジェット的な興味の両方からレビューをしてみたい。

前へ 1 2 3 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ