プロ級カメラ搭載! シャオミの最新ハイエンド「Xiaomi 11T Pro」が入荷

文●鈴鹿 廻 編集● ASCII

2021年10月08日 10時00分

 1億800万画素の3眼AIカメラを搭載した、シャオミの最新スマートフォン「Xiaomi 11T Pro」がアキバ店頭に入荷。イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店販売中だ。

シャオミの最新ハイエンド「Xiaomi 11T Pro」が直輸入で店頭に登場。カラバリは2色が入荷している

 1億800万画素メイン+800万画素120度超広角+500万画素テレマクロで構成される、プロ仕様の3眼AIカメラを搭載する点が特徴。映画さながらの効果をワンクリックで付与できる機能を備え、特殊な機材を使用することなく映画のような撮影が楽しめる。8KおよびHDR10+の動画撮影も可能だ。

 ディスプレーは6.67型サイズの「Flat AMOLED display」を搭載し、HDR+およびドルビービジョンに対応。最大120Hzの可変リフレッシュレート、480Hzのタッチサンプリングレートにも対応する。Harman/Kardonチューニングのドルビーアトモス対応ステレオスピーカーも備えている。

プロ級の高性能カメラや120Hz駆動の有機ELディスプレー、Snapdragon 888などを搭載したハイスペック仕様

 ディスプレー解像度は2400×1080ドットで、プロセッサーはSnapdragon 888、メモリー12GB、ストレージ256GBを内蔵。OSはAndroid 11を搭載する。

 ちなみにXiaomi 11T Proは5000mAhの大容量バッテリーを最短17分で充電できる120W給電の「Xiaomi HyperCharge」に対応している点が魅力だが、ショップによれば「120W充電に必要な専用ACアダプターは付属していない」とのこと。仮に急速充電機能を使用したい場合は、ユーザーが自身で手に入れる必要がありそうだ。

最大級のトピックでもある120Wの充電機能は、専用アダプターがないため利用できないのが残念だ

 なお、イオシス各店にはメテオライトグレーとセレスティアルブルーの2色が入荷。店頭価格8万4800円で販売されている。

【関連サイト】

mobileASCII.jp TOPページへ