アップルiPhone XRでイルミネーション自撮りを楽しむ

文●貝塚/ASCII.jp

2018年12月15日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモで一括2万5920円、買いやすくなったiPhone XR

 10月26日に発売したアップルの「iPhone XR」は、6.1型の「Liquid Retinaディスプレイ」を採用する全画面デザインや、ポップなカラーリングが特徴。アップルの公式通販サイトではSIMフリーモデルが9万1584円で販売されている。

 ドコモでは「端末購入サポート」とiPhone XRの購入を対象とした「iPhoneデビュー割」、そしてオンラインショップ限定の「ドコモオンラインショップ限定特典」で5184円が割り引かれ、64GBモデルでは一括2万5920円で購入できるなど、買いやすくなったことでも話題となっている。

12メガピクセル、f値1.8のシングルカメラ
インカメラにはf値2.2の7メガピクセルカメラを採用

 カメラは同時に発表されたiPhone XSのデュアルカメラと異なり、12メガピクセル、f値1.8のシングルカメラを採用。インカメラにはf値2.2の7メガピクセルカメラを採用する。ボケ効果や被写界深度がコントロールできる「ポートレートモード」も特徴だが、本稿ではインカメラのf値2.2という明るさに注目したい。

明るいインカメラで自撮りを楽しもう!

 明るいレンズは夜間の撮影に向いていると言われる。理由は、同条件でf値5.6などの暗いレンズと比較した場合、より多くの光量を稼げ、シャッタースピードを上げられる=手ブレがしにくくなるからだ。

 iPhoneのカメラ機能ではシャッタースピードはオートになっているためほとんど意識することはないかもしれないが、実は光量などの条件に合わせて変化している(気になる方はEXIF情報を開いてみよう)。

 f値2.2、7メガピクセルというインカメラのスペックはiPhone XSとも同じ。ぜひiPhone XRを入手したら、イルミネーションなどをバックに自撮りを楽しんでほしい。

 iPhoneを使い慣れている方には解説不要かと思うが、自撮りの方法を紹介したい。

まずは「カメラ」を立ち上げる
右下のカメラ切り替えアイコンをタップしてインカメラに切り替え。顔の部分をタップ

 まずは「カメラ」を立ち上げる。右下のカメラ切り替えアイコンをタップすると、インカメラに切り替わる。

 続いて撮りたいスポットをバックにして、顔の部分をタップ。タップしたポイントにフォーカスが合い、露出が自動的に最適化される。

 明るすぎたり、暗すぎたりすると感じる場合は、フォーカスエリア脇の太陽のアイコンを上下スワイプして明るさを調整する。

 下の例は大げさに明るさを変えているが、イルミネーションをバックにしての撮影では、明るくすると顔が明るくなる代わりに、イルミネーションも飛んでしまう。

 暗くすると、顔も暗くなるが、イルミネーションが暗闇に浮かび上がるように表現される楽しさがある。イルミネーションでない光源が前方にある状態でイルミネーションをバックにすると、撮りやすいはずだ。

 なお、顔をタップしてフォーカスと露出を合わせる際、ロングタップするといずれもロックされる。ロックをしないと、カメラを動かすたびに自動で調整されてしまうが、ロック状態ではカメラを動かしてもフォーカス位置と露出は変化しない。ふたたびほかの場所をタップすると、ロックは解除される。

フラッシュも活用しよう

左上の雷マークをタップでモードを切り替える。オン、オフ(発光禁止)、オートの3種類

 また、iPhone XRには「Retina Flash」と呼ばれる機能が備わっている。これはシャッターを切る瞬間にディスプレーを発光させ、フラッシュとして活用するものだ。

 周辺が暗く、顔がどうしても暗くなってしまう場合はフラッシュも組み合わせてみよう。左上の雷マークをタップしてモードを切り替えられる。モードはオン、オフ(発光禁止)、オートの3種類だ。

 下の作例でRetina Flashをオフとオンの違いを比べてほしい。

フラッシュあり
なし
フラッシュあり
なし
フラッシュあり
なし

 フラッシュの有無で大きく雰囲気が異なる。フォーカスや明るさの調整、Retina Flashのオンオフをうまく使って、お気に入りのショットを撮ってみよう。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ