モトローラ、ミドルクラスでも3眼カメラで、赤も素敵な「moto g8 plus」

文●オカモト/ASCII

2020年02月25日 11時00分

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは、ミドルクラスのAndroidスマートフォン「moto g8 plus」の国内発売を発表した。発売日は3月16日で、価格は3万8800円(税込)。

SIMフリースマホ市場で一定の地位を築いているモトローラの人気ミドル機「moto g」シリーズに新モデルが登場

トリプルカメラになったモトローラ「moto g」
ポイズンベリーのカラバリが印象的

 独自性を持つデザインとシンプルなソフトウェアがSIMフリースマホ市場で人気の、モトローラ「moto g」シリーズ。最新モデルのmoto g8 plusでは昨年モデルより全体的な性能がアップしている。

「ポイズンベリー」のカラバリは濃い赤が印象的。今回も「M」マーク部分が指紋センサーになっている

 特に注目点はやはりカメラ。ついにトリプル構成となり、4800万画素のメインカメラ、118度の画角を持つ1600万画素の超広角カメラ、深度測定用の500万画素の組み合わせとなっている(さらにToFカメラも)。カメラでは、AIによる撮影モードの自動設定やナイトビジョン、自動的に最適な構図で撮影する「スマート構図」、スローモーション撮影などに対応。インカメラも2500万画素と高性能で、スクリーンが光ることでフラッシュ代わりになる機能も搭載されている。

カメラは3眼構成でさらにToFカメラも搭載

トレンドとなっているAIで被写体を認識し、最適な設定で撮影する機能も用意

ポートレートモードは人物以外でも可能でボケ度合いを後から変更することも可能

 サウンド面でも横画面時に端末の左右でステレオスピーカーになるほか、Dolby Audioの搭載、またイヤホン端子も用意されている。

 そのほかの主なスペックは、19:9で水滴型ノッチを採用した6.3型IPS液晶(1080×2280)、Snapdragon 665(2GHz+1.8GHz、オクタコア)、4GBメモリー、64GBストレージなど。バッテリーが4000mAhと大容量なのも特徴で、これはカメラを左側に持ってくることで可能にしたとのこと。また、OSはAndroid 9で、10のアップデートも予定しているが、時期は未確定。素に近いAndroidであるのも従来と同じで、Android Enterprise Recommendedの認定を今回も得ている。

 ネットワーク面ではついにDSDVに対応しているが、トリプルスロット仕様ではなく、microSDとnanoSIMの2枚目は排他仕様となっている。

microSDとnanoSIMが排他仕様なのは少し残念

 カラバリはコズミックブルー、ポイズンベリーの2色。特に深みのある赤のポイズンベリーは、前モデルのビバレッドと同様、名称を含めて、印象的な仕上がりとなっている。

こちらはコズミックブルーのカラバリ

モトローラ「moto g8 plus」の主なスペック
ディスプレー 6.3型液晶(19:9)
画面解像度 1080×2280
サイズ 約75.8×158.4×8.27mm
重量 約188g
CPU Snapdragon 665
2GHz+1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS Android 9
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19
/20/26/28/38/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS ○(DSDV)
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ アウト:4800万画素(標準、F1.7)
+1600万画素(超広角)
+500万画素(深度測定)
+TOFカメラ
/イン:約2500万画素(F2.0)
バッテリー容量 4000mAh
(18W急速充電対応)
生体認証 ○(指紋、顔)
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ コズミックブルー、ポイズンベリー
発売日 3月16日
 

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ