石川温のPCスマホニュース解説

楽天キャリア 期待したい2つの機能 (1/5)

文●石川温 編集● ASCII

2020年03月10日 09時00分

前へ 1 2 3 4 5 次へ

 4月8日、いよいよ「第4のキャリア」である楽天モバイルが商用サービスを開始する。月額2980円で使い放題。ただし、楽天モバイル自前網のみという制限つきだ。

 ソフトバンクが全国で23万基地局でエリアを整備する中、楽天モバイルは3月末で4400局しか存在しない。都内であれば地上はなんとかなるかもしれないが、地下鉄や地下街はほとんどが未整備だ。ローミング先であるauネットワークにつなぐ際には月間2GB(ツージービー)までしか使えない。超過した際には128kbpsで我慢するか、1GB500円で追加購入する必要がある。

 いろいろ制約はあるが、300万人まで「1年間無料」ということで、多くのユーザーが殺到するだろう。1年間、毎月2GB以上が無料で使えると思えば悪くない。とりあえず、お試し的に使うには最高の回線と言える。

 ネットワークに不安は感じるものの、端末やサービス関連に関して、楽天モバイルは新しい取り組みをしているので、ここはぜひとも期待しておきたい。4社間で料金競争が起こるかは未知数だが、楽天モバイルが機能やサービス面での競争を引き起こす可能性は十分にありえそうだ。

※編註:楽天モバイルの発表会の質疑応答で司会が2GBを「ツージービー」と読み、回答者と視聴者の両方を混乱に追いやった。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ