目玉はデータ無制限! ドコモ5G開始

祝・5Gスマホ発売!第一弾モデルの Galaxy S20 5GとAQUOS R5Gをスペックで比較! (1/2)

文●スピーディー末岡 編集●ASCII

2020年03月25日 17時00分

前へ 1 2 次へ

 ついに今日からドコモの5Gがサービス開始となり、あわせて5Gスマホとして「Galaxy S20 5G SC-51A」と「AQUOS R5G SH-51A」が発売された(両モデルともミリ波非対応)。

 同時発売ということで、どっちを買ったらいいか迷っている読者もいるかと思うので、まずはスペックと独自機能で比較した。両者とも高次元にまとまっており甲乙付けがたいが、自分が必要としている機能があるほうを選ぶのがいいだろう。

Galaxy S20 5G SC-51A(サムスン電子製)

AQUOS R5G SH-51A(シャープ製)

 なお、今回はあくまでもスペック上での比較なので、実機でのベンチやカメラの作例などは今後掲載予定だ。

本体のサイズで比較

 スマホはほぼ握って使うため、持ちやすさや重さ、サイズ感などは非常に重要。まずは本体サイズを比較しよう。

Galaxy S20 5G SC-51A
ディスプレー:6.2型有機EL
本体サイズ:約69×152×7.9mm、重さ163g
AQUOS R5G SH-51A
ディスプレー:6.5型 Pro IGZO
本体サイズ:約75×162×8.9mm、重さ189

Galaxy S20 5G SC-51A

AQUOS R5G SH-51A

 ディスプレーサイズが大きいAQUOS R5Gのほうが全体的に大きいのは当たり前だが、重さが26gも違う。Galaxy S20にはToFレンズがないので、その分軽い。そのほか、有機ELとPro IGZOといったパネルの違いなど、細かい要因はあるが、軽量コンパクトがいいならGalaxy S20に軍配が上がる。

スペックで比較

 お次は処理性能を見てみよう。5G対応ということで、今後サイズの大きなファイルのやり取りを始め、4Kや8K動画を当たり前に再生したり、ゲームも処理能力が必要になってくる。

Galaxy S20 5G SC-51A
SoC:Snapdragon 865
メモリー/ストレージ:12GB/128GB
外部ストレージ:microSDXC(最大1TB)
バッテリー容量:4000mAh
AQUOS R5G SH-51A
SoC:Snapdragon 865
メモリー/ストレージ:12GB/256GB
外部ストレージ:microSDXC(最大1TB)
バッテリー容量:3730mAh

Galaxy S20 5G SC-51A

AQUOS R5G SH-51A

 処理速度を司るSoCは両者ともSnapdragon 865なので、性能は同じ。搭載メモリーもどちらも12GBと申し分ないが、内蔵ストレージで差が出る。Galaxy S20の128GBに対して、AQUOS R5Gは256GBと倍の容量なのだ。さらに外部ストレージも最大1TBというのは同じなので、本体に写真や動画やアプリなどをたくさん保存するのであればAQUOS R5Gがいい。

 しかし、バッテリーは3730mAhとGalaxy S20より270mAh少ないので、少しでも長くゲームがしたい、動画が見たいという人には悩ましいところだ。

前へ 1 2 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ