楽天モバイル、仮想化モバイルネットワークのグローバル展開に向けシンガポールに拠点設立

文●ASCII

2020年06月30日 12時30分

 楽天モバイルは、携帯キャリアサービスの国際提供拠点と、同社の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク(Rakuten Communications Platform、RCP)の開発・マーケティング拠点として、シンガポールにRakuten Mobile Singapore Pte. Ltd.を設立したことを発表した。今後は米・カリフォルニア州にも米国での拠点となる子会社を設立する計画があるとのこと。

 同社は、基地局設備のうち無線信号やデータの処理部分を汎用ハードウェア上で処理することで、完全仮想化されたモバイルネットワークを大規模な商用サービスとしては世界初で構築したとして以前からアピールしており、同時に先進性やコスト面で優れるこのプラットフォーム自体を海外の事業者に展開していく計画を表明していた。

以前の発表会での資料より

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ