篠原修司のアップルうわさ情報局

ロシアからまた金ピカiPhone登場 価格は250万円

文●篠原修司

2020年08月14日 21時30分

 ロシアのアクセサリメーカーCAVIAR(キャビア)から、金で作られた超高級魔改造iPhoneがまたしても登場した。今回はiPhone 12だ。

 18金で作られた本体には、ロシアの国花をモチーフにした彫刻デザインが施されており、8つの天然ダイヤモンドも散りばめられている。

 気になる価格は23380ドル(約250万円)。現在は予約受付中であり、送料無料のため日本でもこの価格で入手できるものと思われる。

 前回の金ピカiPhone 11 Proが90350ドル(約980万円)だったことを考えると、それなりにお求めやすい(?)価格になっている。たぶん。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

mobileASCII.jp TOPページへ