Apple Watchがあるとマスクを着けたままiPhoneのロック解除が可能に

文●ASCII

2021年02月02日 04時00分

 Apple Watchが必要という条件はあるが、マスクを着用したままiPhoneのロック解除が可能になりそうだ。

 必要なのは、近くに予定されているiOSアップデートを適用することと、Apple Watchを手首に着用してロックが解除されていること。この状態でiPhoneでFace IDを起動すると、口と鼻の両方を覆うマスクを着けて顔認証ができない状態でも、iPhoneのロックを解除できるようになる。

 使い方は、iPhoneの「設定」→「FaceIDとパスコード」から、Apple Watchを使用してiPhoneのロック解除を選択するだけ。

 なお、この方法で可能なのはFace IDの機能でもiPhoneのロック解除のみ。App StoreやSafariのパスワード自動入力には、パスコードの入力が必要となる。また、この方法でiPhoneのロックが解除されると、触覚でのフィードバックと通知がApple Watchから届く。そのため、他人が勝手にロック解除したとしても、ユーザーはそれに気づけるとともに、iPhoneをリモートでロックすることも可能という仕組みだ。

mobileASCII.jp TOPページへ