3278円のコスパ優秀スマートバンド「HUAWEI Band 4e」レビュー (2/5)

文●井上 晃 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年04月11日 12時00分

ストラップから本体を取り外す。本体のサイズは幅14.8×縦40.5×厚さ11.2mm、重量は約6g

初期設定は「Huawei Health」アプリからペアリングする

 まずHUAWEI Band 4eの初期設定と基本操作について確認していきたい。HUAWEI Band 4eは、箱を開封した状態では、スリープモードになっている。まずは、バンドから本体を取り外し、同梱のクレードル(充電器)にセットしてUSBポートに接続しよう。

本体の端子

同梱のクレードルに、端子をクレードル側に向けて装着。この状態でUSBに接続すると充電できる

 その後、スマートフォンに「Huawei Health」アプリをインストールして起動し、「デバイス」タブを選択。「追加」から「スマートバンド」>「詳細を表示」>「HUAWEI Band 4eシリーズ」の順にタップする。続いて「ペアリング」をタップし、ポップアップで表示されたデバイス名をタップする。

「デバイス」をタップし、「追加」をタップ

スマートバンドを選択。「HUAWEI Band 4eシリーズ」をタップ

「ペアリング」をタップして、デバイス名を選択。「バンドが振動したらペアリングを認証してください」と表示された

この状態で、本体のタッチセンサーに触れて認証する

 HUAWEI Band 4e側のディスプレーに、指で触れるようなアイコンが表示されたら、センサー部分をタップして認証しよう。これでスマートフォンとのペアリングが実行される。その後は、アプリ画面に表示される使い方のガイドや、通知の許可などを確認しつつ、画面指示通りに進めれば、初期設定が完了する。

mobileASCII.jp TOPページへ