新色ピンクにさらなる強力カメラ! iPhone 13、ASCII徹底大特集

【iPhone 13 Pro/13 Pro Max速報レビュー】カメラの進化に確かな手応え! (2/4)

文●山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年09月21日 22時00分

ディスプレーの切り欠きがコンパクトに。質量は少し重くなった

 大きいサイズのMaxどうしで、外観を見比べてみよう。違いがすぐにわかる部分は、TrueDepthカメラを搭載するディスプレー上部の切り欠きが、コンパクトになったことだ。アップルは、そのサイズを約20%縮めたと説明している。

 ディスプレーにビデオや写真を表示すると、切り欠きによって隠れてしまう部分は確かに減った。まだ切り欠きが残っていることに不満を感じる方もいるかもしれないが、例えばパンチホールタイプなどほかの形の切り欠きに変わるよりも、このデザインがもはやiPhoneのトレードマークらしくて好ましいと筆者は思う。

TrueDepthカメラシステムを搭載するノッチ部分がiPhone 12シリーズよりも20%コンパクトになった

 背面側を見てみよう。カメラのレンズユニットの口径が少し変わったように見えたため、メジャーで計ってみたところ2ミリほど大きくなっていた。iPhone 13 Pro/13 Pro Maxは3つの背面カメラにすべて新しいセンサーとレンズを搭載する。最新のA15 Bionicチップ、画像信号プロセッサと連携しながら、より明るく高精細な写真が撮れるようになった。カメラを強化したためか、本体の厚さと質量がともに少しずつProシリーズの先代機よりも大きくなった。

トリプルレンズカメラを搭載するiPhone 13 Pro(左側)と、ダブルレンズカメラ仕様のiPhone 13(右側)

 質量はiPhone 13 Pro Maxが約12グラム、iPhone 13 Proは約16グラムともにiPhone 12 Proシリーズよりも増えている。iPhone 12 Pro Maxと持ち比べてみたが、重さは手応えでわかる。

 iPhone 13 Proシリーズはどちらも昨年のモデルに比べて厚さが0.25ミリほど大きくなっている。こちらは見比べただけで違いはわからないが、アップル純正のiPhone 12 Pro Max用ケースにはiPhone 13 Pro Maxの本体は入らなかった。また、iPhonen 13 Pro MaxのケースにiPhone 12 Pro Maxは入るが、ケースの切り欠きの位置が少し違うためか、iPhone 12 Pro Maxの側面サイレントスイッチは少し隠れてしまう。

iPhone 13にiPhone 12のケースを着けてしまうと、切り欠き形状が本体のボタンの位置と合わずにずれてしまう

 Proシリーズは側面フレームの素材に堅牢性の高い医療グレードのステンレススチールを採用している。高い耐摩耗性と耐食性を実現しているとはいえ、表面が鏡面仕上げになっているので指紋が付くとやや目立つ。だから筆者はケースを着けて使おうと思う。

mobileASCII.jp TOPページへ