新色ピンクにさらなる強力カメラ! iPhone 13、ASCII徹底大特集

【iPhone 13 Pro/13 Pro Max速報レビュー】カメラの進化に確かな手応え! (3/4)

文●山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年09月21日 22時00分

iPhone 13 Proシリーズのマクロ撮影機能

Proらしさが光る超広角&望遠カメラ

 iPhone 13 Proシリーズのトリプルレンズカメラは、センサーとレンズをiPhone 12 Proシリーズのものからすべて一新した。昨年のモデルはiPhone 12 Pro Maxだけが搭載したセンサーシフト方式の手ぶれ補正機構は、今年のiPhone 13シリーズの4機種すべてに搭載されている。

 筆者はSNSを楽しむ用途に限らず、よくiPhoneのカメラを仕事にも使っている。エレクトロニクス機器の端子部分などにカメラを近く寄せて、被写体を大きく写せるマクロ撮影機能が搭載されたiPhone 13 Proシリーズはとても魅力的に感じる。

 マクロ撮影は、iPhone 13 Proシリーズの超広角カメラを使う。被写体にiPhoneのカメラを近づけていくと、自動的に超広角カメラが選択される。マクロ撮影時に被写界深度設定を変えることはできないため、フォーカスを合わせている被写体中心の周辺には自然なボケ味が乗る。マクロ撮影や静止画撮影だけでなく、通常とハイフレームレートのビデオ撮影、タイムラプス撮影時にも使える。

マクロ撮影では、紙の繊維がわかるほど被写体に近づいて大きく撮れる

 もうひとつiPhone 13 Proシリーズだけに、望遠カメラが搭載されている。35ミリ判換算の焦点距離は、77ミリ。iPhone 12 Pro Maxでは、2.5倍だった倍率が3倍にアップしている。写真で表現できることの差は劇的に現れるわけではないが、望遠カメラで撮影できる範囲が広がることは、実にうれしい。

望遠カメラは「3倍」の光学ズームに対応した

 筆者はiPhone Xの頃から望遠カメラをよく使うので、今さらこれを捨てられそうにない。だからiPhone 13 Proを購入するつもりだ。iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxのカメラは仕様と性能が同じだということなので、今回は本体をハンドリングしやすい6.1インチのiPhone 13 Proを選ぶことにした。

 iPhone 13シリーズが共通に搭載する「シネマティックモード」は人物やペット、その他の被写体に自動でピントを合わせながら誰でも簡単に“映画っぽいボケ味”を加えたビデオが撮れる新機能だ。ボケ味の効果は撮影中だけでなく、撮影後に「写真」アプリやiOSのiMovieアプリで後処理もできる。

 シネマティックモードは、メインとフロント両側のカメラに対応する。そして特定の人物や被写体に、自動フォーカスを固定しながら追尾もできる。背景として映り込んでしまう人物や風景に“ぼかし”をかけた、SNS用の動画が簡単に撮れる機能と解釈しても良さそうだ。

シネマティックモード。撮影の前後ともにフォーカスしたい被写体が選べる

mobileASCII.jp TOPページへ