声がクリアに聞こえる!ファーウェイ「TalkBand B6」のヘッドセット活用術 (3/3)

文●山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年10月14日 12時00分

前へ 1 2 3 次へ

Healthアプリからデュアル端末ペアリングを設定すると、1台のヘッドセットに対してスマホとPCなど2台の機器をペアリングして、それぞれを切り換えながら通話ができる

スマホとPCに同時ペアリング・通話も可能

 本機はファーウェイ独自の消費電力効率に優れる「HUAWEI Kirin A1」チップを搭載しているので、通話音声は最大約8時間の連続使用が可能だ。長めのビデオ会議にも安心して使えると思う。片耳タイプのヘッドセットは長時間のビデオ会議に使う場合も、耳への負担が少なく使い勝手のよいデバイスだ。

 TalkBand B6は最大2台までのデバイスに、同時にペアリングして待ち受けができる。Healthアプリを立ち上げてから、画面下に並ぶ「デバイス」を選択。TalkBand B6のメニューに入り、「デバイスの設定」の中にある「デュアル端末ペアリング」から、スマホのほかにMacBook Airをペアリングする。自宅からオンラインビデオ会議に参加する際に、スマホだけでなくノートパソコンでも本機をヘッドセットとして使い倒せる。

 TalkBand 6をヘッドセットとして使う間は耳に装着してしまうので、その間はデバイスで心拍を計ったり時刻を確認することはできない。ただ耳に装着している間にも歩数はカウントされた。

 ヘルスケアとアクティビティトラッキングの両用途に活用できるウェアラブルデバイスは、いま多くのメーカーから5000円を切る安価なものも発売されている。これらのエントリークラスのモデルに比べると、TalkBand B6は少し高めのデバイスだが、健康の管理促進のため必要とされる基本機能はバランス良く揃えている。

 加えてスマホによる音声コミュニケーションをサポートできる機能は、強く目を引く特徴になる。これからは安価な製品も含めて、リストバンド型のウェアラブルデバイスは多くの魅力的な製品が群雄割拠する時代に入ると思うが、フィットネス機能に加えて「ヘッドセットにもなる」面白さを備える本機のような製品がトレンドを引っ張っていくのかもしれない。

 

筆者紹介――山本 敦
 オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。取材対象はITからオーディオ・ビジュアルまで、スマート・エレクトロニクスに精通する。ヘッドホン、イヤホンは毎年300機を超える新製品を体験する。国内外のスタートアップによる製品、サービスの取材、インタビューなども数多く手がける。

 

前へ 1 2 3 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ