山根博士の海外モバイル通信

イタリアで見つけたノキアの50インチのスマートTVを本気で買って帰ろうか迷った

文●山根康宏 編集●ASCII

2022年06月21日 12時00分

イタリアで売っていたノキアのスマートTV

 6月は取材のためイタリアに滞在していましたが、ホームセンター的な家庭用雑貨を置いている店にふらりと立ち寄ったところ、スマートTVが売っていました。日本でもこの手のお店には無名メーカーのTVが格安で売られていることがありますよね。ここイタリアでも謎の中華メーカーあたりのモノが売っていると思い、どんなものかとチラ見してみました。

ホームセンターにありがちな中華TVなのか?

 ベゼルは細いしデキは悪くなさそう。58型の4K対応で価格は399.99ユーロ(約5万7000円)。どんなメーカーなのかと値札を見たら「NOKIA」と書いてある! ノキア、そうあのノキアですよ。もちろんノキアが作っているのではなくブランド貸与の製品。インドなど新興国で売られていることは知っていましたが、まさか先進国のイタリアで売っているとは思いませんでした。

値札のNOKIAの名前に驚いた

 海外で売っているTVはいまやほぼスマートTVです。このノキアのTVもAndroid TVなので、そのままネットにつないでYouTubeやNetflixを楽しめます。店内を見ると50型モデルも売っており299.99ユーロ、約4万3000円。あれ、なんだか買えちゃいそうな値段です。筆者は香港に住んでいるのですが、自宅にはTVがないんです。とはいえ50型でも箱は大きいから飛行機で持ち帰るにはちょっと無理。

50型なら300ユーロ、意外と安い

 背面を見るとHDMI端子が2つあり、ほかにはアナログ系の端子があれこれ。LAN端子があってここでネットにつなぐわけですね。リモコンももちろん付属。TVのパネルそのものはそれほど高画質なものでもないでしょうし、ネットにつながれば十分ってところでしょう。

背面の端子類は必要最小限

 TV以外にもデジタルTVチューナーが売っていました。ただしDVB-T方式のためヨーロッパや一部のアジアなどでしか使えません。日本や香港ではサービスがありません。ノキアロゴが入っているのでちょっと気になったんですが、使い道がないので購入は断念。

DVB-T方式のデジタルTVチューナーも売っていた

 筆者はこのあとアブダビ経由便で日本に向かったのですが、ミラノから香港への直行便を使っていたら、50型スマートTVを買って預入荷物にして持ち帰ろうと本気で思いました。現実的には途中で壊れてしまいそうなのでやめたほうがいいですよね。ということで、ノキアのTVに後ろ髪を引かれつつお店を出たのですが、外側にあるショーケースを見たら32型とより小さいTVも売っているじゃありませんか。しかも価格は169.99ユーロ、約2万4000円です。

2万円台で買えるノキアのスマートTV発見

 ただし解像度はフルHD、性能としては普通です。このサイズなら持ち帰ることは十分できそうなのですが、次の移動先へ急いで動かねばならずで結局購入は断念。しかし秋にはまたヨーロッパ取材予定なので、その時わざわざミラノによって、この32型TVを買って帰ろうかと今から悩んでいるところです。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

mobileASCII.jp TOPページへ