iPadをもっと使いこなす!”驚”活用テク

【活用提案】iPadで電話/SMSを活用、iPhoneにはない便利さや注意点は? (1/5)

文●岩渕 茂 編集●ASCII

2022年10月03日 12時00分

前へ 1 2 3 4 5 次へ

iPadの便利な使い方を解説していく本連載。初回は、iPhoneとの連携方法を取り上げよう。

 iPadは、情報収集やエンタメ再生機としてはもちろん、趣味やビジネスなどクリエイティブな作業にも使えるスグレモノだ。しかし、「結局、iPhoneと何が違うの?」という疑問を持っている人も少なくないだろう。すでにiPadを使っている人の中にも、「イマイチ活用できていない」と感じている人もいるはずだ。

 iPadのポテンシャルを生かしたいなら、“iPadでできること”をしっかりと知っておくことが重要。この連載では、iPadが持つ「ならでは」の機能を紹介し、仕事に娯楽にiPadを存分に活用する方法を紹介していきたいと思う。

アップルの「エコシステム」を活用しよう

 今回紹介するのは、アップルの「エコシステム」を活用した、電話やメッセージのiPhoneとの連携方法だ。

 アップルのエコシステムは、ほかのアップルデバイスとの間でさまざまな機能を連携できることを指している。例えば、iPhoneに電話がかかってきたときに、別のアップルデバイスで受けることができる。メールやメッセージは完全に同期できるし、デバイスをまたいでウェブページの続きを見ることだって可能なのだ。

 このように、数え上げたら切りがないほど、あらゆる機能がとにかくスムーズに連携できる。一度、この快適さを味わったら、ほかの製品に移行できなくなるほど、魔境のような魅力を放っているのである。

まずは、同じApple IDでサインインする

 このエコシステムを使うには、利用する端末において、すべて同じApple IDでサインインしておくというのが原則だ。通常はiPadやiPhoneの初期設定時に、自身のApple IDでサインインしていると思うので、ほとんどの人は改めて設定する必要はないはず。もし、Apple IDでサインインした覚えのない人は、「設定」を開いて、サインインされているかどうかを確認しておこう。

「設定」アプリを開き、左側に自分の名前が表示されていればApple IDでサインインされている。同様に、iPhoneでもサインインされているかを確認しよう。

もし、サインインしていない場合、「iPadにサインイン」と表示されるので、そこをタップし、画面の指示に従ってサインインする。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ