Xperia生放送企画「恋のペリ騒ぎ」初登壇の5人のアテンダントがヤバネタを続々投下! (1/2)

文●君国泰将 編集● ASCII

2022年09月30日 12時00分

前へ 1 2 次へ

美女の恋バナは何時間聞いても飽きない!
恋のペリ騒ぎ2回目レポート

 東京ゲームショウのXperia公式生放送の名物番組「Xperia presents 恋のぺり騒ぎ2022」の第2弾が4日目の9月20日に放送されました。遅ればせながら「なぜ4日目がないんだ!」という熱い要望のお応えして、その様子をレポートします。まだアーカイブも見られますので、興味がある方はご覧ください。

 Xperiaをこよなく愛するステキな女性ゲストのみなさんに、“スマホとゲームと男と女”にまつわるお話をたっぷり聞いてしまうコーナー。MCは、この人たち抜きでは成り立たない! ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんと、本家「恋のから騒ぎ」出身で多くの肩書を持つ真鍋摩緒さん。そして、今回選ばれし精鋭のみなさんがこちら。2日目のペリ騒ぎと違って、初登壇かつXperiaアテンダントの中から選ばれているのが特徴です。

MCを務めるニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さん(左)、本家「恋のから騒ぎ」出身の真鍋摩緒さん

真田みきさん

 1人目は真田(さなだ)みきさん。二輪バイクのレースクイーン。実は大学で日本語教師をしており、日本に来ている留学生に日本語を教えているとか。レースクイーンをしながら、好きな語学を勉強して先生になったとのこと。オーストラリアに留学をしていたので英語も得意のようです。

涼咲巴七さん

 2人目は涼咲巴七(すずさき はな)さん。福島県出身で昨年の11月からグラビア活動を開始したばかり。幼稚園の保育士の資格と、介護の資格を持ちながら、芸能活動を続けるとか。「11月21日、竹書房からグラビアの1st DVDを発売します! ぜひ私のことをたくさん知っていただきたいなと思います!」といきなり告知を挟むあたりはやり手です。

雪音まりなさん

 3人目は雪音(ゆきね)まりなさん。モデルやレースクイーンとして主に活動する、自称アナウンサー系女子。アナウンサー系女子って何? という吉田アナの突っ込みに「アナウンサーのようなMCや声のお仕事もいろいろこなしていけるような女の子になっていきたいなっていう意味を込めて、“系”ってつけました!」とのこと。香川真司選手の所属する「シント=トロイデンVV」というベルギーのサッカーチームのイメージガールに就任し、10月からテレビ東京で、EXIT (お笑いコンビ)の兼近さんとりんたろー。さんのお2人と「EXITのベルギー行ったらモテるやつ」に出演予定のようです。

遊馬りえさん

 4人目は遊馬(ゆま)りえさん。冒頭いきなり「声もでかい、背もでかい、態度もでかい、遊馬りえです。略してゆまりえって呼んでください、よろしくお願いします」と元気に挨拶。10代のころ、母親から背が高いという理由だけでモデルを勧められ、その気になって20社ほど応募したものの全滅。その後、会社員をしたものの封印していた承認欲求が目覚めて、正社員をしながら休日はイベントコンパニオン業務をこなし、だんだんと軌道にのってこの座を勝ち得たとのこと。「雰囲気では柔らかく優しいで印象と思われることが多いけれど、 戦うのがすごく好きなので、闘争心が高くて好戦的です!」と、武闘派女子のようです。

月野ももさん

 5人目は月野(つきの)ももさん。グラビアアイドルとプロゲーマーを両立し、プロeスポーツチームにも所属しているガチ勢です。1年間ぐらい引きこもっていたところに、今の事務所の社長からインスタにDMが届いて、即決断したら即グラビアデビューだったとか。現在は独立してグラビア歴4年目とのこと。「シューティングゲームは「PUBG MOBILE」が得意です。Xperiaブースでもゲームマスターの役割をいただいて、ずっとゲームやってます!」と、まさに趣味をフル活用してこの場にいるようです。

 以上、今回の5名はすべて恋のペリ騒ぎ初参加なので、どんなネタが飛び出すのか未知数。惜しむらくは、みんなの知られざる秘密を暴くあの“スピーディー末岡砲”が不在なこと。ここは御本人たちのぶっちゃけトークに期待しよう。

テーマ1 スマホとゲーム

 最初のお題は「スマホとゲーム」。スマホでゲームをするのかを5人に聞いた。

雪音まりなさん

 「スマホ版Among Usを週に3回くらいで寝る前にやるようになりました。声優さんが好きで、スタンドマイヒーローズという豪華声優さんがたくさん出演されているスマホゲームを毎日やっています。鬼滅の刃にハマってからというもの、声優の花江夏樹さんを推すようになってスタンドマイヒーローズを始めたんですが、何故か別のキャラクターを選んでしまいました」とか。

 最初にキャラクターを選ぶところで有名な声優さん20人くらい、一言ずつキャラクターがボイスでささやいてくれるところで「え? 俺選ばないの?」って言われ断りきれなくて、花江さんじゃない人を選んでしまって、ちょっと浮気中だそうだ。

 吉田アナと真鍋さんから「浮気中ですって言いながら罪悪感を感じてない、から騒ぎの本編の方に出れるタイプだ」と突っ込まれるも、満面の笑みで切り抜けるなど、「Among Us」で培われた才能を発揮していた。

遊馬りえさん

 「昔は毎日やっているようなゲームがありましたけど今はないです」とゲームショウの現場でまさかの回答。ただ、昔は月3万円くらいパズルゲームに課金していたそうな。「パズルとか好きじゃなさそうなのに」というツッコミに、「組み合わせて崩すというよりもクラッシュするタイプだったので爽快だからやっていました」と性格がそのままに出ている様子。

月野ももさん

 「シューティングゲームとポーカーに、課金額は月々1万円くらい」と、ゆまりえさんよりも軽度の課金なのかを思いきや「最高課金額は50万円くらいです! 当日賞金がもらえるゲームイベントに参加して優勝したら40万円もらえるというので全額課金しましたけど優勝ができなくて、人生終わりました」と衝撃の告白。優勝できると信じてガンガン課金していたら40万以上こえてクレカが使えなくなって、違うカードを使うも、1ヵ月に80万くらい使ったあげく、優勝できなかったというとてつもない逸話を披露しました。

 しかし「学生のころからバイト代を全部ゲームのお金に回してたので、結構ダメージはあったんですけども、1ヵ月で立ち直って そのあとまた課金しました」と重度の廃課金っぷりを発揮していた。

涼咲巴七さん

 「オンラインカジノバカラをやってた時期があって、その延長でポーカーも教えてもらったことがあったんですけど、私の能力では難しかったのであきらめました!」と潔い回答。

真田みきさん

 Lineポコポコをやっていたという話をしたものの、「5分以内にInstagramやTwitterでどれだけの人にいいねができるか挑戦していました! 一見苦行のようですが、意外にも自分の限界に挑戦できるので楽しかったです!」と違う意味でのゲームを楽しんでいるそう。

 「中身見てないんじゃないの?」という吉田アナの質問にも「ちゃんと押した人を覚えているという能力を持っている」ことを自慢。ただ、スクロールしてタイムラインを見るのが大変だという話に「Xperiaはリフレッシュレート120Hzで、スクロールしても見やすいですよ! 皆さんもぜひオススメです。Xperia使ってください」とXperiaのアピールも忘れない吉田アナでした。

前へ 1 2 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ