iPhone 12、ASCII筆者はこう思った

今年売れる機種は「iPhone 12 mini」、iPhone 12から見る「今のスマホ市場」と「アップルの戦略」 (1/2)

文●西田 宗千佳 編集●飯島 恵里子/ASCII

2020年10月15日 09時00分

前へ 1 2 次へ

 iPhoneが久々に大幅リニューアルした。5Gへの移行を考えると、まさに「ここしかない」タイミングと言える。ラインナップ構成も力が入っていて、映像と資料から見る限り、完成度も高そうだ。

 では、それが「5Gだから売れるのか?」というと、「そりゃあそうでもないんじゃないかな」という気がする。iPhone 12シリーズから見える、今のスマホシーンとアップルの選択を分析してみよう。

iPhone 12 miniは「ヒットモデル」になるか?

 今年売れるモデルは何になるか? もうそれは、「iPhone 12 mini」しかあるまい。筆者は個人的には大きいスマホが好きだが(フリック入力でなく両手を使うQWERTY入力のため)、日本においては「ワールドワイド基準の大きなスマホ」があまり好かれていないのもよくわかる。

 小さいが性能は最新、5G搭載でiPhone 12とはサイズくらいしか違いがない。しかも価格はiPhone 12シリーズで1番安い、となると、そりゃあこのラインナップの中ではヒットするに決まっている。懸念点は、iPhone 12よりも発売が遅いことくらいだ。

 昨年も価格の問題で「Pro」系よりも「iPhone 11」が売れたが、今年はminiになるだろう。他の5Gスマホ、特にミドルクラスよりはちょっと高めだが、その分性能は間違いなくハイエンド。「高さが嫌がられる」か、それとも「ちょっと高くてもいいものを」となるかは、読みが分かれるところではある。大手携帯電話3社で、これがストレートに売れるかどうかが、今後の「端末価格戦略」を握るカギになる。

 5Gであることはもはや標準であり、「低価格機種」以外はみな5Gになる時代。そう考えると、iPhoneも新モデルは5Gになるのが当たり前。自宅の周囲がまだ5Gエリアでなくても、「来年には恩恵が出てくるかも」と思って「先買い」するくらいでいいのではないか。

 一方、コロナ禍の中で、多くの人が望んだ「指紋センサー」は搭載されなかった。実のところ、これだけ大規模なリニューアルの場合、指紋センサー搭載のような設計変更と部品調達変更は、半年程度の時間ではなかなか難しい。もともとアップルの計画になかったのだろう。もしかすると、来年以降には入ってくるかもしれない。そのくらい、大規模なものづくりは「ままならない」ものなのだ。

 

前へ 1 2 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ