OPPOの初スマートバンド「OPPO Band Style」はアリ? 使って感じた◯と△ (1/5)

文●井上 晃 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年05月06日 09時00分

前へ 1 2 3 4 5 次へ

スマートバンド「OPPO Band Style」(オッポ バンド スタイル)。実売価格は5月1日現在、4480円

 OPPOは4月19日、日本国内向けとしては初となるスマートバンド「OPPO Band Style」(オッポ バンド スタイル)を発表。4月23日に発売した。本稿では、実際に同機を使用してみたうえでのインプレッションをお届けしたい。

 なお、今回の検証には、Android 11を搭載したPixel 3、バージョン4.2.4_5e8ecf6_210415の「HeyTap Health」などを用いた。また、OPPO Band Styleのファームウェアバージョンは、A.00_0134とA00_0154だった。

同梱物

 OPPO Band Styleは5月1日現在、4480円で購入できるスマートバンドだ。デザインの異なる2種類のストラップバンドが同梱されており、日常使いとスポーツシーンの2通りで使い分けられる。機能としては、5気圧防水に対応するほか、SpO2センサーを搭載し血中酸素レベルが測定できることや、睡眠のログが計測できることなどがポイントだ。

他社製と比較すると充電器のケーブルが短めだ

 同機の充電は、同梱されたクレイドルを使う。本体がストラップから取り外せるので、充電端子の向きを合わせてクレイドルに固定し、ケーブルをUSB Type-Aポートに接続すればよい。なお、充電器のケーブル長はポート部分を含めても15cmより短いので、使用する電源によっては充電中のデバイスが宙ぶらりんの状態になってしまうので、やや不恰好になることもあった。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ