ヘッドセットにもなるヘルスケアバンド!ファーウェイ「TalkBand B6」全方位レポート (1/5)

文●山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

2021年09月09日 09時00分

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ァーウェイの最新リストバンド型ウェアラブルデバイス「HUAWEI TalkBand B6」

 新型コロナウィルス感染症のパンデミックによる影響が世界中で続く中、ユーザーの健康をともに見守ってくれるウェアラブルデバイスが人気だ。今回はファーウェイが発売した、アクティビティトラッキングやヘルスケアに活用できる最新のリストバンド型ウェアラブルデバイス「HUAWEI TalkBand B6」をレポートする。

ヘッドセットにもなる本体。バッテリー消費を抑えて長時間駆動を実現

 1.53インチの湾曲型カラー有機ELディスプレーを搭載するHUAWEI TalkBand B6(以下、TalkBand B6)は、国内ではビックカメラグループの家電量販店で限定販売される。価格はオープンだが、執筆時点の実売価格は2万1800円前後。価格だけを見ればファーウェイが発売する現行のリストバンド型ウェアラブルデバイスの中ではプレミアムクラスに位置付けられる。

バンドのケースから本体を外すとBluetoothワイヤレスヘッドセットになる

 本機の最も大きな特徴は、ベルトから着脱できる本体が片耳タイプのヘッドセットにもなることだ。ペアリングしているスマートフォンに着信した通信を受けて、ベルトから外した本機でHD品質のクリアな音声通話ができる。

片耳タイプのワイヤレスヘッドセット。スタビライザー付きのシリコンイヤーピースで耳にしっかりと固定できる

 低消費電力を特長とするファーウェイのIoT・ウェアラブルデバイス向けSoC「HUAWEI Kirin A1」を載せたことにより、動作全般が機敏なだけでなく、通話機能を備えながら内蔵バッテリーによる長時間連続駆動が可能だ。スペックシートには、連続音声通話が最大約8時間まで対応すると書かれている。

 今回筆者は短い時間の音声通話やアクティビティトラッキングを含む、様々な用途に本機を使い倒してみた。バッテリーは、フル充電にした状態から2日程度は優に持ちこたえる。USB-Cケーブルによる急速充電にも対応するので、例えばベッドに入る前にバッテリーが残りわずかであることに気が付いても、10分ほど充電すればひと晩の睡眠トラッキングも不安なく使える。

汎用性の高いUSB-Cケーブルによる充電に対応している

 TalkBand B6はペアリングするスマホと連携して主に「通知の伝達」と「アクティビティトラッキング」、ならびに「音声コミュニケーション」の用途に役立つコンパニオンデバイスだ。本機のハンドリング感は2度に分けて報告したい。初回は「通知の伝達」と「アクティビティトラッキング」をレポートする。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ