サムスン電子、横折りの「Galaxy Z Fold4」と縦折りの「Galaxy Z Flip4」を発表! (1/3)

文●山根康宏 編集●ASCII

2022年08月10日 22時00分

前へ 1 2 3 次へ

 8月10日(現地時間)、サムスン電子はニューヨークで新製品発表会「Galaxy Unpacked 2022」を開催し、新しくなった折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z Fold4」「Galaxy Z Flip4」を発表した。また合わせてスマートウォッチ「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」とワイヤレスヘッドフォン「Galaxy Buds2 Pro」も公表している。

Galaxy Z Fold4とGalaxy Z Flip4

 前モデルまでは5G対応を明確にするため「Galaxy Z Fold3 5G」「Galaxy Z Flip3 5G」が正式名称だったが、今回の新製品では5Gの表記が取れ、すっきりとわかりやすいモデル名となった。Galaxy Z Fold4はディスプレーを横に開くスタイル、Galaxy Z Flip4は縦折り式の形状をしている。

前モデルからやや小型軽量化された
Galaxy Z Fold4

 Galaxy Z Fold4は前モデルからヒンジのスリム化等により、形状をほぼ変えずにより画面解像度をより高めた。本体サイズは縦方向に3.1mm短くなり、閉じたときのサイズもわずかながら0.2mm薄くなった。そして重量も8g減少させている。本体サイズは開いたときが約155.1×130.1×6.3mm、閉じたときが約155.1×67.1×15.8~14.2mm、重さは263gとなる。

Galaxy Z Fold4。縦方向に小型化され重量も少なくなった

前モデル同様に外側にカバーディスプレーも備える。カメラも3つを搭載

 チップセットはSnapdragon 8+ Gen 1を搭載、メモリーは12GB(LPDDR5)、ストレージは256GBまたは512GBで、一部のサムスンオンラインストアでは1TBモデルも提供される。バッテリー容量は前モデル同様に4400mAhだが、ディスプレーコントロールやOSの最適化により従来比で駆動時間を2時間伸ばしている。急速充電は25Wに対応だ。

高速CPUを搭載、ストレージは最大1TBと本体性能も高い

 折りたたみディスプレーは前モデル同様7.6型だが、リフレッシュレートは1Hzから120Hzと可変領域を増加させた(前モデルは10~120Hz)また輝度も900nitから1000nitへアップ。そして解像度は2176×1812ドット(約10.8:9)となり、前モデルの2208×1768ドット(11.6:9)からよりスクエアな表示が可能となり、縦位置でも横位置でも臨場感ある表示を実現した。さらに埋め込み式のアンダーディスプレーカメラは新しいレイアウトで没入感を高めている。

ディスプレーは臨場感と没入感を高めるために改良された

 閉じた際の形状は大きく変わらず6.2型ディスプレーを搭載するが、解像度は2316×904ドットとなり、前モデルの2268×832ドットより高解像度になっている。なお、カメラは1000万画素と性能は変わっていない。閉じたときの横幅サイズは変わっていないが、厚みが薄くなったことで片手でもより持ちやすく操作性も高まっているという。

カバーディスプレーのサイズは変わらないが解像度が向上、厚みも減少した

 大きな進化が見られるのがカメラで、メインカメラは5000万画素F1.8と高画質化された。また望遠カメラも1000万画素光学3倍F2.4となり、前モデルの2倍より望遠性能を高めている。これに加えて超広角カメラは1200万画素F2.2を搭載。3つのカメラを縦に配置するデザインは変わっていないが、カメラの台座部分とレンズは前モデルより大型化されている。

カメラ性能を高め5000万画素カメラと3倍望遠カメラを搭載

 なお、カメラは画質アップだけではなくNPU性能が前モデル比66%高まったことで、夜間撮影により強くなった。また写真プレビューの実比率表示、ズームマップによる30倍のスペースズーム、デュアルプレビュー、リアカメラセルフィーなどユニークな機能も搭載。Galaxy S22シリーズに近いカメラ体験を提供する。

カメラはNPU性能アップなど強化が図られた

折りたたみ端末としては初めてAndroid 12Lを搭載
大画面を活かしたマルチタスクがより使いやすく

 OSはAndroid 12Lを搭載。折りたたみスマートフォンとして同OSの採用はGalaxy Z Fold4が最初となる。タブレットにも適したAndroid 12Lの搭載により、マルチタスクがより使いやすくなっている。またお気に入りアプリや最近使ったアプリを表示し、より直観的なマルチタスク操作を実現するタスクバーを搭載。ドラッグ&ドロップによるマルチウィンドウの強化やマルチウィンドウの組み合わせ、スプリットスクリーンやポップアップ表示など多彩なウィンドウ操作が可能だ。

Galaxy Z Fold4の大画面を生かしたマルチウィンドウも様々な表示に対応

 本体をL字型にたたみ、折りたたみディスプレー内で1つのアプリを2画面表示できるFlexモードもサードパーティーアプリへ対応を拡大。NetflixやYouTubeがFleixモードに対応し、上半分の画面でコンテンツ、下半分の画面でコンテンツの説明表示や操作をすることが可能になった。

Flexモードで1つのアプリを2画面に表示。アプリがより使いやすくなる

 Galaxy Z Fold4では前モデル同様、専用のスタイラス「Sペン」に対応している。Sペンは前モデルではブラック1色だったが、Galaxy Z Fold4では本体カラーに合わせて3色が提供される。また、Sペンの収納だが、前モデルはヒンジ部分の外側にペンホルダーをつけたカバーが販売されたが本体の横幅が広くなってしまうという欠点があった。Galaxy Z Fold4ではカバーの裏側にSペンを収納する形状となり、Sペンを収納したままでも持ちやすい形状となった。このデザインはGalaxy Tabシリーズのカバーとよく似ている。

本体色と同色のSペンが登場

Sペンを背面に収納するカバーが登場する

 本体カラーはGray Green、Phantom Black、Beigeの3色。Galalxy Z Fold3 5GにあったPhantom Silverはなくなり、代わりにBeigeが加わった。緑色は前モデルがPhantom Greenであり、若干色合いは異なるようだ。また、ファッションブランドと提携した「Thom Browne Edition」がこれまでのモデルでは販売されてきたが、Galaxy Z Fold4では現時点でアナウンスはされていない。

カラバリ展開は3色となる

「Galxy Z Fold4」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 7.6型有機EL
6.2型有機EL
画面解像度 2176×1812ドット
2316×904ドット
サイズ 約155.1×130.1×6.3mm
約155.1×67.1×14.2mm(最厚部15.8mm)
重量 約263g
CPU Snapdragon 8+ Gen 1
内蔵メモリー 12GB
内蔵ストレージ 256GB/512GB/1TB(samsung.comのみ)
OS Android 12L
カメラ アウト:約1200万画素(超広角)
+約5000万画素(広角)
+約1000万画素(光学3倍)
/イン:約400万画素
/カバーカメラ:1000万画素
バッテリー容量 4400mAh
カラバリ Gray Green、Phantom Black、Beige

前へ 1 2 3 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ