松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析

アップルがiPad AirにA14チップを入れたのは「Better」が求められる時代だから (1/4)

文●松村太郎 編集● ASCII

2020年09月17日 16時00分

前へ 1 2 3 4 次へ

 アップルは米国時間9月15日にオンラインイベントを開催し、Apple Watch、iPadの各製品を発表しました。まずは、今回のラインアップを俯瞰し、アップルがどんな取り組みをしてきたのか?ということに触れたいと思います。

 今回プレゼンテーションには登場しませんでしたが、2020年8月、これまで長年、フィル・シラー氏が勤めてきたワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントに、新たにグレッグ・ジョズウィアック氏が就任しました。

 シラー氏はフェローに就任し、ティム・クックCEO直属として、App StoreとApple Eventsを担当します。直近では、WWDC20で、同社初のバーチャル開発者イベントを指揮し、今回のイベントも担当していたでしょう。

 マーケティングのヘッドが変わったと言うことは、これまでとは異なる部分が出てくるということです。たとえば今回、Apple WatchとiPadが発表されました。Apple Watchは例年、iPhoneと共に、発表の翌週の金曜日に発売されますが、今回は発表の週の金曜日から発売されるなど細かいスケジュールにも変化が生じていることが分かります。

 とはいえ、新たにトップとなったジョズウィアック氏は、アップルのマーケティングの基本をしっかりと押さえて、戦略を作り上げようとしている様子が分かります。それが「Good」「Better」「Best」の法則です。

前へ 1 2 3 4 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ