新色ピンクにさらなる強力カメラ! iPhone 13、ASCII徹底大特集

無印iPhoneが事実上の高級機となった今、iPhone 13ファミリーの選び方 (4/6)

文●本田雅一 編集●飯島恵里子

2021年09月25日 09時00分

日陰から晴天までバランスよく現像してしまうスマートHDR。個々の質感だけではなく画面全体のバランスを取るようになり不自然さは少し減っている

iPhone 13 Proのカメラは良いできだが、使いこなしが必要

 結論から言うと、確かにiPhone 13とiPhone 13 Proのカメラに違いはある。

 条件が良い場所での画質差はあまり感じないが、暗い場所でのS/Nの良さは無視できない。できないが、ではスマートフォンやタブレットで評価する上で「拡大せずに」どこまで差を感じるか、暗いシーンでの振る舞い以外に違いがあるかといえば、そこに大きな違いはない。

 しかし明るさが足りないシーンなど、ちょっと辛いなと思うところで助けになるとすれば、そこに価値観を感じることもあるだろう。

 ただ細かな品位の違いは置いておいて、絵の印象という意味で両者はほとんど同じだ。これは同じソフトウェア、同じSoCを使っているからだ。入力にあたるセンサーの信号品質は違っても、その後のプロセスが同じため最終的な写真の印象はほぼ同じになる。

 決定的な違いは前述したように超広角カメラレンズの明るさとマクロ撮影、望遠カメラの3倍焦点距離という設定の是非だ。

 これに関しては積極的に使いこなすならばiPhone 13 Proの方が使いこなしがいがあるが、意識して使いこなさない場合は(望遠がそもそもないということを除き)無印iPhone 13がいいと思うかも知れない。超広角カメラと望遠カメラに関しては“改良“という見方もできれば、「未完成」と感じる部分もある。

 マクロ撮影機能に関しては、可能な限りモード選びをさせないというアップルのコンセプトが体験を損ねるという逆転現象がある。というのも、広角・望遠のカメラでピントが合わない近接にまで近づくと、自動的に超広角カメラに切り替わってしまうのだ。

超広角のマクロ機能は便利だが広角や望遠では電子ズームが自動的に効いてしまう。マクロへの自動遷移を抑える設定が欲しいところだ

 問題はふたつ。広角、望遠カメラ時にピントが合わない距離にまで近づくと、超広角カメラに切り替わる。撮影距離が近くレンズそのものの位置が異なるため、ここでフレーミングが大きく変化してしまうのだ。

 例えば料理皿を撮影しているとき、カメラの傾きを変えて構図を決めようとするとき、傾きで皿の縁が近づくとマクロモードに入ってしまい、せっかく決めようとしていた構図が変わってしまう。

 どこで切り替わるのかは慣れるほかなく、あえて手前に前ピンのボケた被写体を置きたい場合でも、勝手に切り替わって手前にピンが来てしまうこともある。この辺りの振る舞いを理解しないと、マクロ領域と通常領域の境目でかなり苦労することになる。

 もうひとつは広角あるいは望遠カメラ時にマクロモードに入ると、それぞれ2倍、6倍の電子ズームになってしまうこと。当然、画質も落ちてしまう。

 また3倍(77mm相当)の画角は、屋外でのポートレイト撮影や遠景撮影には便利だが、室内で望遠レンズの効果や照明の影を避けるためにあえて距離を取りたい場合は、かえって邪魔に感じるという人もいるはずだ。これは2.5倍のiPhone 12 Pro Maxの望遠カメラでも訴える声を聞いていたが、3倍となればなおさら困る人がいそうだ。

 まとめると「撮影領域の拡大」という意味では、iPhone 13 Proのカメラは妥当な仕様変更なのだが、使い方次第ではストレスを感じる。そこは十分に理解した上で使いこなせば、カメラとしての力は当然、iPhone 13 Proが上だ。

mobileASCII.jp TOPページへ