Sペン対応に1億画素+ダブル望遠の4眼カメラ! 「Galaxy S21 Ultra」は究極のハイエンドスマホ

文●オカモト/ASCII

2021年01月15日 00時00分

 サムスン電子は、2021年のフラグシップモデルとなる「Galaxy S21」シリーズを発表した。前年のS20シリーズと同じく、「Galaxy S21」「Galaxy S21+」「Galaxy S21 Ultra」の3モデル構成ながら、デザイン面を大きく変更し、カメラ部分を鮮やかなメタルフィニッシュにしたほか、最上位のGalaxy S21 UltraではGalaxy Sシリーズでは初のSペン対応など、注目点多数のハイエンド機になっている。

3モデル構成で登場した「Galaxy S21」

誰でも簡単にプロレベルの写真や動画が撮影可能
S21 Ultraには光学3倍+光学10倍のダブル望遠レンズも

 シリーズ全体を見ていくと、やはりカメラが最大の注目点となる。外観のほかに、「アートの領域にまで達した写真とプロレベルの動画撮影をスキルを問わずに誰でも撮影できる」という点をアピールしており、AIの活用が大きくうたわれている。

最上位の「Galaxy S21」は、広角+超広角+光学3倍+光学10倍の4眼構成。もう1つはレーザーAF

 具体的には、動画中のハイライト部分をAIが自動的に切り出したり、ポートレートモードでもAIがより適切なボケ味やバーチャルなライティングを実現する。さらにはテレビのディレクターのように動画撮影中にタッチ操作でカメラを切り替えて、画角が異なる映像の連続的な記録、Vlog向けにイン/アウトカメラの同時撮影、4K/60fpsのスムーズな動きの動画撮影などに対応する。

 カメラのスペックはS21/S21+が共通で、12メガ広角(デュアルピクセル、OIS対応)+12メガ超広角+64メガ望遠(光学3倍)の3眼構成でインカメラは10メガ。最上位のS21 Ultraは108メガ広角(OIS対応)+12メガ超広角+10メガ望遠(光学3倍)+10倍メガ望遠(光学10倍)の4眼構成でインカメラは40メガ。

 ディスプレーは前モデルと同じく、リフレッシュレートが120Hz対応で、コンテンツに合わせて動的に変動する。新しい機能ではS21+とS21 UltraでUWBに対応。BluetoothとUWBの両方を利用して、Galaxyシリーズのデバイスの在りかを探し出したり、別途用意されるスマートタグをクルマの鍵やカバンなどに結んで紛失を防ぐことなどが可能になる。

Galaxyシリーズのデバイスの組み合わせを推進する

Sペンにも対応した究極のGalaxy Sシリーズ
「Galaxy S21 Ultra」

 Galaxy S21 Ultraは6.8型でWQHD解像度のディスプレー(Dynamic AMOLED 2X、3モデル共通)を搭載。HDRでの最大輝度は1500ニトとS20やiPhone 12を上回っている。本体サイズは約75.6×165.1×8.9mm、重量は228g。メモリーは12/16GB、ストレージは128/256/512GB。バッテリーは5000mAh。

6.8型の最上位機「Galaxy S21 Ultra」

 Galaxy S21 Ultraは前述のように、本機のみの1億画素カメラを中心とした4眼カメラ、Galaxy Sシリーズでついに対応したSペン、さらには無線LANもWi-Fi 6Eと、最高レベルのスペックを持つモデルとなっている。カラバリはPhantom Black、Phantom Silverの2色。

ついにSペンに対応!

Sペンは本体ではなく、ケースに収納する形

6.7型と6.2型の「Galaxy S21+」「Galaxy S21」
Phantom Violetのカラバリが特に美しい

 Galaxy S21+は、6.7型フルHD+ディスプレーを採用。本体サイズは約75.6×161.5×7.8mm、重量は202g。8GBメモリー+128/256GBストレージで、4800mAhバッテリーを搭載する。カラバリはPhantom Violet、Phantom Black、Phantom Silverで、Phantom Violetが今回のメインカラー的な存在。カメラ部のゴールドのメタルフレームとの組み合わせが美しい。

6.7型のGalaxy S21+

 最後は最もコンパクトなGalaxy S21。ディスプレーサイズはS20と同様の6.2型フルHD+だが、本体サイズは約71.2×151.7×7.9mm、重量は172gと若干大型化している。8GBメモリー+128/256GBストレージで、4000mAhバッテリーを搭載。カラバリはPhantom Violet、Phantom Pink、Phanmtom Grey、Phantom Whiteの4色。

こちらはGalaxy S21

ピンクのモデルも用意されている

 いずれのモデルも5Gにはもちろん対応。日本国内でのリリースも当然期待される。特にSペンにも対応したGalaxy S21 Ultraは究極のモデルなので、ぜひ試してみたい1台だ。

周囲の状況に合わせてノイズキャンセリングを最適化
完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds Pro」

 今回はGalaxy S21シリーズの3機種に加えて、完全ワイヤレスイヤフォンのフラグシップモデル「Galaxy Buds Pro」も発表されている。

完全ワイヤレスイヤフォンの「Galaxy Buds Pro」

 完全ワイヤレスイヤフォンを新しいレベルに引き上げたとする本モデルは、特徴的な形状、6.5mmのツイーターと11mmのウーハーを搭載するほか、ソフトウェアによるエクスペリエンス向上も大きな目玉だ。

 具体的には、背景ノイズを抑えつつ声をクリアに拾うマイクを始め、周囲の声や音に合わせてノイズキャンセリングを自動で最適化。会話を始めたときは、自動で周囲の声が聞きやすくなり、会話が終わると音楽を楽しむのに適した設定に切り替わるという。

 

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ