松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析

iPad用Magic Keyboard「この板は動いているか?」で論争に (1/4)

文●松村太郎 編集● ASCII

2020年05月21日 09時00分

前へ 1 2 3 4 次へ

 この板は動いているか否か……。

 iPad Pro用Magic Keyboardを巡って、こんな論争が起きています。

 修理しやすさを評価するiFixitによるiPad Pro用Magic KeyboardのX線写真が公開されたのですが、当初公開された本文では、トラックパッドが「物理的なボタンではない」と指摘していたのです。

 しかし筆者がレビューした際、板の上下動を確認しており、それに合わせて「カチッ」とクリック音と感触が返ってくることから、物理ボタンであると判断していました。

 iFixitが当初指摘した「ハプティックによるクリック感のシミュレーション」とは、近年のMacBookシリーズに採用された感圧トラックパッドとTapTic Engineの内蔵によるテクニックでした。

 しかし、後述のように、このクリック感はTapTicエンジンを駆動させることで作り出しており、iPad ProをMagic Keyboardから分離し、通電していない状態にすると、押し込んでも何も反応しなくなります。

 もしiPad Pro用Magic KeyboardがTapTicエンジンでクリック感を作っていれば、iPadを取り外して通電しない状況を作り出せば、クリック感が消失するはずです。しかし、通電していなくてもクリック感があることから、やはり物理的なスイッチが板の背後に仕込まれていることになります。

 その後iFixitの記事も、物理ボタンであるとの訂正が入りました

前へ 1 2 3 4 次へ

mobileASCII.jp TOPページへ